黒猫荘
「黒猫荘」は、利用者同士の交流を大切にした、長屋形式の掲示板です。
「入居者リスト」をクリックして、他の部屋にも訪問して見て下さい。
新規入居者 大募集中!!(満室の場合は管理人にご相談下さい)

掲示板スパムで、ご迷惑をおかけし申し訳有りません。

ただいま、掲示板スパム対策として、スクリプトを改造中です。
詳しくは、1号室をご覧下さい。

 [黒猫荘の入口]
 [入居者リスト]
[015号]
[017号]
[最新発言の一覧]
[掲示板の使い方]
大家のHPにも遊びに来て下さい
|小林文庫|掲示板|推理小説ノート|

[mobile対応版 黒猫荘]

これがワテのお勧めやねん!!
PLMS : mys016  
オーナー:SAMANA 
SINCE 1999.5.4
ようこそ16号室へ!! 私がこの部屋でやろうとしていることは、

1)ミステリ未経験・経験少ない人にミステリ好きになってもらおう!!
2)ある程度の経験者にはまだまだこんなミステリがあるってことを知ってもらってますますミステリ好きになってもらおう!!
3)ミステリどっぷり者には、DEEPな情報をお互いに提供・体験してもらって「アッシャー家」のように泥沼に沈んでもらおう(笑)!!

と、要は「ミステリを好きになる人が増えればいいな」ってことです。
皆さん、「お勧め本」のご紹介よろしくお願いします。「お勧めダブり」は大歓迎。集計して「お勧め人気度」もだしたい(笑)。
でもネタバレはやめてね!!!

ウダ話OK。ミステリウダ話(ミステリにちょっとでも関係した雑談。例えば小ボケ・小ツッコミ・オフ話等)で
ミステリに興味を持ち始める可能性はあると思います。
ただしウダの内容は『皆様の良識』に期待!!

○ お勧め中間集計(1〜2250)はこちらからどうぞ。  ※次回集計は1〜2500の予定

○ 管理人継続企画 はやみね作品小ネタ集はこちらからどうぞ。

○ 管理人継続(?)企画 自己満足アンソロジーはこちらからどうぞ。

○ ここは私のサイトの掲示板であるだけではなく、ミステリ長屋「黒猫荘」の一室(16号室)にもなっています。
   スパム書込みほかの影響で今は長屋全体がさみしい状況になっていて、
   退室したほうが管理人さんにもご迷惑かけなくていいんだろうと思いつつ、いまだグズグズしております。
   申し訳ありませんがいましばらくお付き合いいただければ幸いです。


あなたは番目のお客様です。(since 1999/09/13)


  Page1 / 13  Top | Bottom 
  1〜20件(保存数250件) 
[HomePage]   ▼ 投稿する ▼ 削除する ▼ 管理用  


2521. 2021年09月02日 10時18分38秒  投稿:SAMANA 

 新型コロナ騒動発生から約1年半? ずっと思い通りにいかない
状態で、楽しいと思うことが本当に少なくなったと実感中。何とか
楽しいことを1つでも見つけていかないと、もう心身がもたないレ
ベルかも…(ノД`)ハア・・・。

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2021年8月の読了本

  1.『マーチン・ヒューイット【完全版】』 アーサー・モリスン
  2.『夏休みルーム』 はやみねかおる
  3.『怪盗クイーン 煉獄金貨と失われた城』 はやみねかおる
  4.『都会のトム&ソーヤ 18 未来からの挑戦』 はやみねかおる

 4冊読了等。
 冊数的にはまずまず。それにしても1の読了には本当に時間がかかっ
たなぁ…(-д-;)。


極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『マーチン・ヒューイット【完全版】』『夏休みルーム』
 『怪盗クイーン 煉獄金貨と失われた城』
 『都会のトム&ソーヤ 18 未来からの挑戦』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

1.は海外古典ミステリ短編シリーズの完全所収編集本。冒頭1作目
「レントン農園盗難事件」がやっぱりマイベスト。名作。ただ、この
マイベストに迫る出来の短編があと2、3作は欲しかったというのが
正直な感想。この時代(110年以上前)に連作短編的構成が編み出され
ていたことにはちょと驚き。
2.3.4は、はやみねかおる作家デビュー30年を超えた今年に、シ
リーズ作の実写化・アニメ製作発表とイベント続きの一環?として7
月に一度に刊行された新作3冊。3作とも各シリーズの持ち味が生か
された安定の出来。特に『夏休み〜』は、あの1ネタに気づけなかっ
たら、ネタが明かされた時の衝撃は結構大きいだろうなと思ったり。


2021年8月の購入本等

  1.『カナダ金貨の謎』 有栖川有栖

 1冊購入等。
 今月はガマンして定番作家信頼買いの1冊のみ。
ヤッタネ!v(≧∇≦)vブイッ♪でも、最近ツイッターをやりだして、そう
なると新刊ミステリ書き込みを目にする機会も多くなり、買おうか買う
まいか考えることが増えてきました(特に海外ミステリ)。これは来月
あたりヤバいことになるかもしれません…(;^_^。

そいでは!!
[182.166.195.56][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/92.0.4515.159 Safari/537.36]

2520. 2021年08月05日 08時10分59秒  投稿:SAMANA 
 あちぃ〜あちぃ〜。口から出る言葉は「あちぃ〜」しか出てきません。なので
とっとと進めますです(-ω-;)アチィー。

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2021年7月の読了本

 0冊読了等。
 ………やっちゃいました……ハァ━(-д-;)━ァ...
 今も読書中の本が4冊の短編集を1冊に集約したかなりのボリューム本である
ことに加え、くそったれコロナのせいでいつも以上に仕事がバタバタしたため結
局、月内に読了出来ず。はい。もちろん言い訳 of 言い訳です(;^_^。


2021年7月の購入本等

  1.『夏休みルーム』 はやみねかおる
  2.『怪盗クイーン 煉獄金貨と失われた城』 はやみねかおる
  3.『都会のトム&ソーヤ 18 未来からの挑戦』 はやみねかおる
  4.『わたしの本の空白は』 近藤史恵
  5.『蒼海館の殺人』 阿津川辰海

 5冊購入等。
1〜4は作家信頼買い。5は同作者の2020本格ミステリ3位『紅蓮館の殺人』よ
り面白いとのネット評判を目にして購入決定。
1〜3の刊行連発は驚きました。作家デビュー30周年企画と思われる『都会のト
ム&ソーヤ』の実写映画&ドラマ完成、『怪盗クィーン』のアニメ化発表、サイ
ン会など各種イベント企画実施などとあわせたんでしょうけれど…。前月からの
はやみね作品&関連作品刊行は以下のとおり。

2021/6/ 1『都会のトム&ソーヤ ゲーム・ブック ぼくたちの映画祭』
2021/6/23『都会のトム&ソーヤ 最強ガイド』※監修位置づけ?
2021/7/ 7『夏休みルーム』
2021/7/13『怪盗クイーン 煉獄金貨と失われた城』
2021/7/14『都会のトム&ソーヤ 映画ノベライズ』※監修位置づけ?
2021/7/28『都会のトム&ソーヤ(18) 《未来からの挑戦》』
2021/7/29『都会のトム&ソーヤ ドラマノベライズぼくらの砦』※監修位置づけ?

2か月で4新作刊行って、たぶんとんでもないこと。はやみねさんがまだ生き長
らえていられるのが不思議ながらもとっても嬉しいです.
オメデトゴザイマス〜(^0^)∠※PAN!。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・:*

そいでは!!
[182.166.195.56][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/92.0.4515.131 Safari/537.36]

2519. 2021年07月01日 14時26分56秒  投稿:SAMANA 

 夏のボーナスが出たものの家族で外食する機会がなかなか出来ないので
本塩津、ランチ焼肉食べ放題を"ほんとーにやむをえず@ぼうよみ"一人
で堪能。久々の焼肉は美味しかったです。たまにはこんなご褒美も必要で
すよね? ね? ね?<何にビビッてる?

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2021年6月の読了本

  1.『催眠』 松岡圭祐
  2.『転倒』 ディック・フランシス
  3.『都会のトム&ソーヤ ゲーム・ブック ぼくたちの映画祭』 はやみねかおる
  4.『永遠の森 博物館惑星』 菅浩江
  5.『都会のトム&ソーヤ 最強ガイド』 はやみねかおる
 別枠.『あの日の恋をかなえるために僕は過去を旅する』 西澤保彦

 6冊読了等。
 別枠『あの日の〜』は、未読と思って作家信頼買いした後に既読作
『異邦人』であることが判明。原題の影も形もあらへんがな…。事前
に出版元ネット情報をみたけど改題の記載はなかったように記憶。出
版元だったら改題の有無ぐらいは記載しておいてほしい。あらすじは
書いてたけど、そこまで覚えてないっす…<なら読めよ。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『催眠』『転倒』『都会のトム&ソーヤ ゲーム・ブック ぼくたちの映画祭』
 『永遠の森 博物館惑星』『都会のトム&ソーヤ 最強ガイド』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

□別枠
 『あの日の恋をかなえるために僕は過去を旅する』

『催眠』はベストセラー作家のデビュー作。心理カウンセラーもので
すが、各キャラとそれぞれに関係する者が多すぎて、各キャラの魅力
が浅く感じられたのが残念。だからシリーズものになったのかもしれ
ませんが。もっと濃密さが欲しかったです。
『転倒』は競馬シリーズ長編13作目。とあるキャラがもう少し印象深
くあってほしかった&すごく惜しい、というのが本音。残念。
『都会の〜』2冊はともに企画モノ関係。ゲームブックは読み進める
のが本当にしんどかったです。はじめて自分で暗号も解いたかもしれ
ない…(;^_^。
『永遠の森〜』は、芸術を扱ったヒューマンSF短編集。それぞれ楽し
めたんですが、ガサツな私に強烈な感動を与えてくれるまではいかず。
私には繊細すぎた作品群だったのかもしれません<(_ _)>。


2021年6月の購入本等

  1.『都会のトム&ソーヤ ゲーム・ブック ぼくたちの映画祭』 はやみねかおる
  2.『作家の人たち』 倉知淳
  3.『本と鍵の季節』 米澤穂信
  4.『マーチン・ヒューイット【完全版】』 アーサー・モリスン
  5.『都会のトム&ソーヤ 最強ガイド』 はやみねかおる

 5冊購入等。
1と5は、前述の通り。6月2冊刊行されたのに、7月にはまちトム
新作に加え怪盗クィーンの新刊も出るらしいです。どんだけ激務だっ
たんだろう…(  ̄- ̄)トオイメ
2と3は、作家信頼買い。2は非ミステリっぽいので悩みましたが、
筒井康隆『大いなる助走』っぽいテーマのようなので購入することに。
今月一番の目玉は4の海外古典ミステリ。タイトルの"マーチン・ヒュ
ーイット"は探偵の名前で、そのシリーズ短編作が今回、4に全て所収
されたと知って即購入を決断。正直、価格を見たときは少し躊躇しまし
たが結局は購入。短編集4冊分のボリュームなので、たぶん7月中には
読了出来なさそう。でもいいや(≧∇≦)ノ。


そいでは!!
[182.166.195.56][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/91.0.4472.114 Safari/537.36]

2518. 2021年06月02日 21時13分35秒  投稿:SAMANA 

 今年度、仕事に関してネガティブなことしか浮かばない環境になって
しまったのが本当にツラい。そのため読書意欲も減退。絶賛、悪循環モ
ード中。何とか読書でポジティブにならないものか…(_ _|||)。

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2021年5月の読了本

  1.『遙かなり神々の座』 谷甲州
  2.『真夜中の詩人』 笹沢左保

 2冊読了等。
今月は「この冊数で充分」と思うほど仕事の負担大。ああホントに腹の
立つ…( ノД`)シクシク…。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『遙かなり神々の座』『真夜中の詩人』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

1.はヒマラヤ山脈を舞台に近隣諸国情勢をからませた山岳冒険小説。
核となる難関登山冒険部分は迫真の描写で楽しめたんですが、舞台の土
地勘&社会情勢の読み手の完全無知さのせいで今ひとつ興に乗り切れな
かったのと、主人公の恋人の扱い方・描き方にけっこうな不満が残って
しまいました。
2.は昭和40年代に書かれた誘拐ミステリ。
ミステリネタ的に今でも充分に楽しめたのは、本作のミステリとしての
質が本当に高いからなのか、はたまた私の感覚が古いせいなのか、判断
しづらいところ(;^_^。ただ、新聞小説だからかもしれませんが全体的に
少し冗長に感じたところが残念。もっと短く・密度濃く書かれていたら
確実に「とても楽しめた」レベルだったので本当に残念…。

2021年5月の購入本等

  1.『昨日がなければ明日もない』 宮部みゆき
  2.『目撃』西村健
  3.『あの日の恋をかなえるために僕は過去を旅する』西澤保彦

 3冊購入等。
 3冊とも定番作家信頼買い。本当は西澤作品をもう1冊購入予定でし
たが、直前に購入済作品の別会社新刊行版と判明したので購入せず。タ
イトル変更されてなかったので気づくことができ、こんな時は購入本リ
ストつけていて良かったなぁと思います。購入前はリストチェックする
ようもっと意識づけして無駄な出費を抑えるようにしないと…。

とりあえず最後の最後は笑って終わっておこう…o(^▽^)o

そいでは!!
[182.166.202.245][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/90.0.4430.212 Safari/537.36]

2517. 2021年05月04日 14時59分19秒  投稿:SAMANA 
 あまりにもコロナの期間が長すぎるし、ワクチン接種の話はあるけ
れど感染力の強い変異種なんかもでてきてる(ワクチン効くのか?)
ので、今日はじめて「ひょっとすると人類はこのまま滅亡するんちゃ
うか?」との考えが頭をよぎりました。こうなったら一刻も早くコロ
ナを殺せる完全犯罪者を探さないと… キョロ(゚Д゚;≡;゚Д゚)キョロ

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2021年4月の読了本

  1.『海泡』 樋口有介
  2.『冬休みの誘拐、夏休みの殺人』 西村京太郎
  3.『煙幕』 ディック・フランシス

 3冊読了等。
 予想以上に読了数が少なくてガッカリ。4冊目が厚くて月内に読み
きれなかったのもあるけれど、一番の原因はやっぱり仕事のバタつき。
新型コロナにはもう心底ウンザリです( ノД`)シクシク…。


極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『冬休みの誘拐、夏休みの殺人』『煙幕』

・普通
 『海泡』

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

1.は離島を舞台にした青春ミステリ。
ミステリとしての骨格はきっちりしてると思いますが、樋口ミステリ
に多い女性にモテモテの斜に構えた青年主人公に馴染めず。主人公に
全然自覚はないんだろうけど、私からすればどうしてこんなに「ええ
かっこしい」なんだろうと思わずにいられません(*`3´)。
2.は中編3作が入ったジュブナイルミステリ。
それぞれジュブナイルとしてハラハラするような話で楽しめました。
ただ、ジュブナイルだからという訳ではないんでしょうけどネタ・展
開・見せ方などに何というか「緩み」が感じられて各作とも散漫な印
象が残りました。
3.はお馴染みフランシスの競馬シリーズ長編。
今作の主人公は映画スターですが、耐え忍ぶ姿・ストイックさ・騎士
道精神はいつもより強めに感じて良かったんですが、ストーリーに競
馬があまり関わってなくて中途半端な印象になったこと、映画界の事
情が実感できなかったこと、また作者が描きたかったと思われる「金
鉱」の世界にも興味が持てなかったのが残念でした。


2021年4月の購入本等

  1.『麻倉玲一は信頼できない語り手』 太田忠司
  2.『アンデッドガール・マーダーファルス 3』 青崎有吾

 2冊購入等。
 2冊とも作家信頼買い。青崎有吾に関してはネット評判だけでまだ
1作も読んでないのに、これでもう8冊目…(;^_^(;^_^(;^_^。

そいでは!!
[182.166.198.141][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/90.0.4430.93 Safari/537.36]

2516. 2021年04月01日 11時34分20秒  投稿:SAMANA 

 ただいま、冬タイヤ交換の待ち時間を使ってセコセコ書き込みして
います。待ち時間1.5〜2時間はつらいなぁ。しかもそこから作業開始
なので、結局は2〜2.5時間ほど時間をつぶすことに。
 まぁ書き込み作業が全終了できれば、それはそれで有意義な時間で
はあるんですけどね…( ̄ヘ ̄)モノハカンガエヨウ?

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2021年3月の読了本

  1.『シーザーの埋葬』 レックス・スタウト
  2.『ふつうの学校 2 −ブラジャー盗難事件−』 蘇部健一
  3.『明日も元気にいきましょう』 新井素子
  4.『アキハバラ』 今野敏
  5.『ママ、嘘を見抜く』 ジェイムズ・ヤッフェ
  6.『レンテン・ローズ 囁く百合』 太田忠司
  7.『都会のトム&ソーヤ 17 逆立ちするライオン』 はやみねかおる

 7冊読了等。
 すんごく調子が良くてホクホク〜o(゚▽゚o)(o゚▽゚)o
 海外物含めて読みやすい作品が多かったのが幸いしました。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『シーザーの埋葬』『ふつうの学校 2』『明日も元気にいきましょう』
 『アキハバラ』『ママ、嘘を見抜く』『レンテン・ローズ 囁く百合』
 『都会のトム&ソーヤ17』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

 読みやすかったからか全作が「〇楽しめた」になっちゃった…。この分
類に意味があるのか? と思わず自問自答しましたが、まぁいいか。深く
考えないでおこう♪ との結果に「落ち着かせる」ことにしました(;^_^。
『明日も〜』はエッセイなので新井素子文体の魅力が特に際立ち。なぜか
しら「やっぱりいいなぁ」と思ってしまう。元祖「癒し」か。
 他はやはりキャラ魅力で大なり小なり楽しめた感じ。『ママ〜』の主人
公は、前に読んだ時はもっと鼻につく性格だったと思うんだけれど、今作
ではさほど感じず。『シーザー〜』のネロ・ウルフと比べたら誰でも性格
いいように思えるけれど(^▽^)エヘヘ。

2021年3月の購入本等

  1.『名古屋駅西 喫茶ユトリロ 龍くんは食べながら謎を解く』 太田忠司
  2.『魔力の胎動』 東野圭吾
  3.『都会のトム&ソーヤ 17 逆立ちするライオン』 はやみねかおる

 3冊購入等。
 最初は1と2のみ購入予定でしたが、2を買いに行った書店で3がで
ているのを知って即購入。危うく見逃すところでした(;^_^。
 ちなみに太田積読が40冊。東野積読が42冊で、この2作家だけで読む
のに1年以上かかる冊数。頑張って読書にはげもうっと<ホントか?

そいでは!!
[122.29.43.187][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/89.0.4389.114 Safari/537.36]

2515. 2021年03月03日 13時54分58秒  投稿:SAMANA 

 朝晩の温度差が激しく、仕事の内容&煩雑度が激しく、精神の揺れ動
きが激しく、激しい×3のかなりお疲れモードのため、休みが嬉しくて
なりません。正直、普段はちょっとめんどくささを感じるこの書き込み
も、パソコン打つのがちょっと楽しかったり…(;^_^ゞポリポリ

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2021年2月の読了本

  1.『真田十勇士 巻の一』 笹沢左保
  2.『真田十勇士 巻の二』 笹沢左保
  3.『真田十勇士 巻の三』 笹沢左保
  4.『真田十勇士 巻の四』 笹沢左保
  5.『真田十勇士 巻の五』 笹沢左保

 5冊読了等。
 結局、2月読書はまるまる1作品につぎ込んだことになりました。
しかもミステリじゃないし……(;^_^。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『真田十勇士 巻の一〜五』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

 『真田十勇士』は、真田幸村が徳川家康との戦いに備え、猿飛佐助に
勇士を集めるべく命じて十勇士が出そろい、家康と実際に相まみえる大
坂冬の陣・夏の陣の戦いを描いた時代伝記小説。
 忍術その他に関して理屈がつかないところを何かしらの理屈で可能な
ように説明づけるところは、ミステリ作家の笹沢左保らしいと感じ、数
多くの武将の石高を一行ずつ記載するというページ稼ぎとしか思えない
書き方を何回も多用しているところは、超人気=超多忙作家の笹沢左保
らしいと勘繰ってしまいました(;^_^。

2021年2月の購入本等

  1.『豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件』 倉知淳
  2.『鳥居の密室 世界にただひとりのサンタクロース』 島田荘司
  番外.『名探偵、初心者ですが 舞田ひとみの推理ノート』 歌野晶午

 2冊購入等。
 1&2は作家信頼買いで問題なし。問題は番外本(*`3´)。
 舞田ひとみシリーズ所有本とタイトルダブりでない事を確認し、発行元
HPで既刊本改題といった意味の記載がないことを確認し、実際の文庫本の
後方ページにも改題明示文章がないことを確認してから購入したのに、既
刊改題本でした……( ノД`)シクシク…。
 今見ると、発行元HPで既刊本改題の文章がありました。でも私が見たと
きには無かったように思うんだけどなぁ…(-_-*;ナンデ?

そいでは!!
[182.166.198.141][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/88.0.4324.190 Safari/537.36]

2514. 2021年02月04日 09時32分15秒  投稿:SAMANA 
 やっと1月が終わりました。原因不明ながら既に2〜3ヶ月は経って
いるような感覚。この濃密度感覚がもしずっと続いたとすると、年末に
は既に廃人になっているような気がしたり…(-ω-;)ウーン。
 この状況を救い出してくれそうなのは、アニメをほとんど見ない私が
超どハマリした、見れば号泣必至のアニメ『宇宙よりも遠い場所』だけ
になりそうな予感…(;^_^。

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2021年1月の読了本

  1.『八号古墳に消えて』 黒川博行
  2.『絶叫城殺人事件』 有栖川有栖
  3.『百万に一つの偶然 迷宮課事件簿[]』 ロイ・ヴィガーズ
  4.『少女ティック 下弦の月は謎を照らす』 千澤のり子
  5.『美濃路殺人悲愁 私法廷の殺人者』 石川真介

 5冊読了等。2021年の読了ペースは出足好調でした♪(゚▽^*)ノ⌒☆

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『八号古墳に消えて』『絶叫城殺人事件』

・普通
 『百万に一つの偶然 迷宮課事件簿[]』『少女ティック 下弦の月は謎を照らす』

△あまり楽しめなかった
 『美濃路殺人悲愁 私法廷の殺人者』

×楽しめなかった
 なし

 『八号〜』は、刑事クロ・マメコンビのシリーズもの長編。漫才系関西人
気質満載のコテコテコンビが中心に大阪府警の捜査仕事っぷりを間近でみる
かのようなリアル度満点の展開に加え、ミステリネタもしっかり入れ込まれ
た、いつも通りのシリーズ作の出来栄えで安定感抜群。ネタが「驚き」レベ
ルだったら「お勧め」だったんですが、これはあまりにも欲張りすぎ(;^_^?
 『絶叫城〜』は、火村シリーズ短編集。本格ミステリ度高めでこちらもい
つも通りのシリーズ出来栄え(ネタを効果的かつ信ぴょう性を高めるための
ミステリ小説的工夫がされている)で安定。各話とも好印象の良作でした。
 『百万〜』は、シリーズものの倒叙ミステリ短編集。作者の文章表現のク
セ?がとにかく読みづらくて難儀。ネタは面白いのもありましたが、文章表
現についていけずにネタの内容すら理解できなかった作品もあって残念。
 『少女ティック〜』は、女子小学生が主人公のミステリ短編集。こちらは
逆に文章表現の魅力が感じられず、ネタは(ほぼ?)理解できるものの面白
さが中途半端になってしまったのが勿体なく感じてました。地の文にもう少
し読み手の感情を微動させるような表現が欲しかったかも。
 『美濃路〜』は、シリーズもの長編。登場人物たちのとる行動が個人的に
は不自然極まりないもので全く理解できず、(悪い意味での)ドタバタ・フ
ァンタジー・ミステリとしか言いようがありません。正直、気分が萎えまし
た( ノД`)シクシク…。

2021年1月の購入本等

  1.『ミダスの河 名探偵・浅見光彦VS.天才・天地龍之介』 柄刀一
  2.『インフルエンス』 近藤史恵
  3.『風神の手』 道尾秀介
  4.『流星のソード 名探偵・浅見光彦VS.天才・天地龍之介』 柄刀一
  5.『少女ティック 下弦の月は謎を照らす』 千澤のり子
  6.『深夜の博覧会 昭和12年の探偵小説』 辻真先

 6冊購入等。
1.は作家信頼買いで12月刊行ながら買いそびれたので2ヶ月連続刊行
の4.と別々ながら今月に購入。しかし柄刀一 作品が同一出版社から2ヶ
月連続刊行とは…。恐るべし浅見光彦(;^_^。
2.は、作家信頼買い。
3.はネット評判買い。
5.は、年末恒例各種ランキング企画本に触発され、評判作の関係作品と
思われたので購入。
6.はネット知人の作品で文庫でないながら珍しく購入。

そいでは!!
[182.166.198.141][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/88.0.4324.104 Safari/537.36]

2513. 2020年12月31日 11時49分01秒  投稿:SAMANA 

 令和2年の大晦日。前日から「大雪に注意」と大量に報道されてました
が、我が家周辺はそれほどでもなく例年の雪の日なみ。どうやら穏やかな
大晦日を迎えられそうです(寒さは確かに厳し目ですが)。
 皆様、良いお年をお迎えくださいませ<(_ _)>。

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2020年12月の読了本

  1.『現代語訳 南総里見八犬伝 (下)』 曲亭馬琴 
  2.『総特集 諸星大二郎』 河出書房新社編集部編
  3.『総特集 星野之宣』 河出書房新社編集部 編
  4.『2021年版このミステリーがすごい』 「このミステリーがすごい!」編集部編
  5.『2021本格ミステリ・ベスト10』 探偵小説研究会編
  6.『エイプリル・ロビン殺人事件』 クレイグ・ライス&エド・マクベイン
  7.『ライオンハート』 恩田陸

 7冊読了等。
 ムック本が4冊もあったので読了数も多め。2020年は「終わり良ければ総
て良し」ですσ(゚ー^*)。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『総特集 諸星大二郎』『総特集 星野之宣』
 『2021年版このミステリーがすごい』『2021本格ミステリ・ベスト10』
 『ライオンハート』

・普通
 『現代語訳 南総里見八犬伝 (上・下)』『エイプリル・ロビン殺人事件』

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

1は、人物相関関係の理解を完全に放棄したため面白さ半減。正直、記憶に
残ってる箇所の再確認で面白さを補完したありさま。やっぱり時代物は自分
に合ってなさそう…。
2&3は、NHKのEテレ「漫勉neo」の星野・諸星の回を見た影響から。「今
が読み時だ!」と思い、積読順番を無視して読了。この2人がほぼ同時期に
少年ジャンプで活動していて自分がリアルタイムに体験していたのは本当に
貴重だったんだなぁと思うことしきり。
4&5は、年末恒例ベストテン企画本。ほとんど見知らぬ作家ばかりで「時
代遅れ」ならぬ「時代外れ」を痛感。別にいいんですけど( ̄∀ ̄)エヘヘ。
6は、クレイグ・ライスのシリーズもの未完成作をエド・マクベインが書き
継いで完結させたという長編。すっとぼけた登場人物たちの会話はそこそこ
楽しめたものの、肝心のミステリ展開がほとんど理解出来ず。気乗りしない
読書の悪パターンでした( ノД`)シクシク…。
7は、ファンタジー系?連作恋愛短編集。一作だけ無学ゆえに面白さを全く
味わえなかったものの、他は浅深それぞれの思慕が味わえて楽しむことが出
来ました。

2020年12月の購入本等

  1.『2021年版このミステリーがすごい』 「このミステリーがすごい!」編集部編
  2.『2021本格ミステリ・ベスト10』 探偵小説研究会編
  3.『メインテーマは殺人』 アンソニー・ホロヴィッツ
  4.『その裁きは死』 アンソニー・ホロヴィッツ

 4冊購入等。
 今月分の購入確認で、1と2の2冊しかなかったので他に買ってしまおう
かどうか迷った結果、2を参考にしての文庫3&4を購入。2020年も「ミー
ハー&優柔不断な私」でありました……(;^_^。

で、2020年のお勧め本(再掲)ですが、今年も3冊と少な目…。令和3年は
何とか心身を平穏にしてお勧め本が1冊でも多くなればいいなぁと、昨年末
と全く同じ願いを恥ずかしながらつぶやかさせてもらいます(*ノωノ)キャー。

 『貧乏くじはきみが引く』 ハドリー・チェイス 創元推理文庫

 とにかく『貧乏くじ〜』が楽しめました。ジャンルでいえば何というのか…。
 主人公は無実の罪で刑務所入りしたせいで悪事に手を染めるけれど根っからの
 悪人ではないので、私がイメージする「悪党小説」「クライム・ノヴェル」と
 いったイメーはそぐわないし、かといって単なる「サスペンス」との表現では
 何だか言い足りない。長ったらしいけれど「スリルとサスペンスに満ちた無駄
 のない犯罪小説」といったところでしょうか。
 約70年前の作品だからかストーリー展開に余分な要素がなくて、この手の小説
 に不慣れな私にとってはかなりとっつきやすく、目いっぱいドキドキハラハラ
 させてもらいました。人物造形が薄いようにも思いますが、ドラマ性よりスリ
 ル味のほうが今の読書環境には適していたのでそれもかえって私的には高評価。
 古典ってやっぱりいいもんですね(^_^)。

 『ドーヴァー 2』 ジョイス・ポーター ハヤカワポケミス

 そして今月の収穫は『ドーヴァー 2』。「史上最低の名探偵」という謳い文句
 が今作ではピッタリ。(動機はどうあれ)意外なほどに推理を繰り広げていて、
 (真相はどうあれ)徐々に犯人像が絞られる推理展開もかなり楽しめました。
 前に読んだシリーズ作では人格的に最低なのは変わらずでしたが、推理もほとん
 どしてなかった記憶があるので、ホント嬉しい驚き。そのせいかマグレガー部長
 刑事が(導き役ではあるものの)今作では引き立て役に終わったような印象だっ
 たのも、逆にちょっと嬉しいかったりo(*^▽^*)oエヘヘ!

 『四日間の奇蹟』 浅倉卓弥 宝島社文庫
 第一回このミス大賞作品。長年、読書していますが、主要登場人物たちに何度で
 も会いたい・この人たちの声をもっと聞きたい、という思いが募って読書を優先
 させたのは初めての体験でした。
 ここまでの体験が出来たのは、作者が今作で描きたかった想いに私が共感したこ
 とがもちろん前提にはなるのですが、今作で作り上げられたストーリーの舞台・
 構成・展開が、作者の想いと強く結びついていることに加え、とても巧みな文章
 力及び描写力でこの作品世界が更なる高みに導かれているからだと思っています。
 また、実は主要人物のみならず言葉を発していない登場人物までも程度の差はあ
 れ「会いたい」との思いを今作では抱かせてくれました。ここまでくるともう、
 作者の人間性が作品に満ち溢れたからだという乱暴な考えまで浮かんでしまいま
 す。
 それにしても、今の敬輔に、千織ちゃんに、藤本氏に、倉田先生に、未来ちゃん
 に会ってみたい。そして何よりもやっぱり、岩田真理子さんと会いたい、話をし
 たい、一緒の時間を共有したい、と想い募るばかりです。

そいでは!!
[182.166.198.141][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/87.0.4280.88 Safari/537.36]

2512. 2020年12月03日 14時23分39秒  投稿:SAMANA 

 とうとう師走に入りました。この1年は仕事面であれやこれや・どうの
こうのとかなりのバタバタで精神的にしんどく、来年もその状況がしばら
く続きそう。なので師走といっても感慨に浸ることは全くなく、来年少し
でもコロナ禍と寒さと仕事による精神的負担が厳しくならないことを願う
ばかりです(;^_^。

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2020年11月の読了本

  1.『スリーパーズ (下)』
  2.『赤・黒(ルージュ・ノワール) 池袋ウェストゲートパーク外伝』 石田衣良
  3.『マスカット・エレジー』 山崎洋子
  4.『現代語訳 南総里見八犬伝 (上)』 曲亭馬琴

 4冊読了等。
 最後の『八犬伝』がかなり厚いためそこそこ読めた印象。ただ、下巻も
同じように厚いし12月はランキング本購入前提なので、少し頑張らない
と…(≧ω≦)9ガンバルゾーッ!。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『スリーパーズ (上・下)』『赤・黒(ルージュ・ノワール)』
 『マスカット・エレジー』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

□保留
『現代語訳 南総里見八犬伝 (上)』

『スリーパーズ』は海外モノで親友4人の成長&復讐譚。気分がかなり
滅入ってる時だったので、少年院時の描写がかなりキツかったです。成
長譚より「街の生き様」のほうが、かなり楽しめたかも。
『赤・黒』は作者代表シリーズの外伝長編。今作に登場してるシリーズ
キャラを全く覚えてなかったけど、やっぱり「芯の良さ・強さ」で人を
引き付ける造形になってるよなぁと改めて思ったり。
『マスカット〜』は不思議な関係の年増&老女によるミステリ連絡短編。
変な設定ながらかなり人間臭い世界観で、スカっともしないし良いなぁと
いう感覚も起きず、逆に澱みめいたものを感じるのに、なぜか「嫌いでは
ない」と感じてしまう、不思議な感覚を抱きました。う〜ん、いつも以上
に上手く言えない(;^_^。

2020年11月の購入本等

  1.『誘拐リフレイン 舞田ひとみの推理ノート』 歌野晶午
  2.『友達以上探偵未満 』 麻耶雄嵩

 2冊購入等。
ともに作家信頼買い作品。ともに文庫カバー絵が今どきアニメ風。この
2作家ですらこんなカバー絵になるのかぁ…と、ジジイにはちょっと判
らない感覚(;・_・??????。

そいでは!!
[182.166.198.141][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/86.0.4240.198 Safari/537.36]

2511. 2020年11月03日 22時37分44秒  投稿:SAMANA 

 歳のせいで感覚が鈍ってるのか、それとも仕事その他で感じる余裕を
無くしてしまっているのか、11月に入っても「秋」の季節感をほとん
ど味わうことが出来ていません。せめてクリスマスの時期には「冬」と
「ささやかな幸せ」を感じることが出来ますように…(;^_^。

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2020年10月の読了本

  1.『群がる鳥に網を張れ』 ハドリー・チェイス
  2.『幻のマドリード通信』 逢坂剛
  3.『恐怖』 筒井康隆
  4.『ドミノ』 恩田陸
  5.『スリーパーズ (上)』 ロレンゾ・カルカテラ

 5冊読了等。そこそこいいペース。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『群がる鳥に網を張れ』『幻のマドリード通信』『ドミノ』

・普通
 『恐怖』

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

□保留
 『スリーパーズ (上)』

『群がる〜』は、梗概に「調査員マドックス・シリーズ」とあったけれ
ど、そんなシリーズ初耳でちょと驚き。しかもマドックスよりその部下
のハーマスのほうが目立ってるし(;^_^。悪人側はいつものチェイス味
だったぶん、探偵の行動が新鮮でした。
『幻の〜』は、スペインを舞台にした冒険小説短編集。くんずほぐれつ
複雑怪奇な組織関係はさっぱりわかりませんでしたが、どの作品もちょ
っとした驚きが仕込まれていて楽しめました。
『ドミノ』は、東京駅を舞台に多種多様な人物たちが入り乱れるドタバ
タ群像劇。登場人物たちの個性をもっともっと書き込んで、いつまでた
っても至福の時間が終わらないほどの大長編だったらいいのに…と思っ
たり。東京駅も郵便局も主要キャラになっているのも恩田テイストのよ
うな気がします。
『恐怖』は、久々の超御大の筒井作品でしたが、予想以上に淡白な味わ
いで、正直「恐怖」「狂笑」ペーストを実感できなかったのが残念。で
も、以前のような爆発力をいまだに期待しているこちらが悪いような気
もしたり。
『スリーパーズ』は下巻読了する翌月に後送り(;^_^。


2020年10月の購入本等

  1.『明日なき暴走』 歌野晶午
  2.『総特集 星野之宣』 河出書房新社編集部編
  3.『平成ストライク』 
      青崎有吾、天祢涼、乾くるみ、井上夢人、小森健太朗、
      白井智之、千澤のり子、貫井徳郎、遊井かなめ

 3冊購入等。 いいペース。
1.は作家信頼買い。歌野晶午がここまで息の長い作家になるとは正直
思っていませんでした。自分の見る目のなさに呆れまくり。
2.は今年5月に刊行されていたムック本。諸星大二郎のムック本も以
前に買っており「諸星大二郎のを買ったんなら当然星野之宣のも買わな
いと。だって2人はセットなんだもん」と訳の分からない理屈を自分に
言い聞かせで購入。
3.は刊行されたら買おうと決めている作家さんが含まれていたので購
入。ネット評判も良さげでした。購入済他作品の積読順番がなかなか回
って来ず、どこに積まれてるか判らないため抜きだすことも出来ない。
「買った順に読む」なんて意地はってる私はバカ丸出しです…(;^_^。

そいでは!!
[182.166.198.141][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/86.0.4240.111 Safari/537.36]

2510. 2020年10月07日 11時12分39秒  投稿:SAMANA 

 朝晩はめっきり涼しくなり、「初秋」とでも呼ぶ時期だと思うんですが、
世間的に「初秋」の言葉を見聞きすることがない(「秋が近づいてきた」
とかは聞く)ので、この時期はあまり季節感を感じられません。言葉って
やっぱり影響力あるのかなぁ…とふと思う、初秋のちょい夜長です(;^_^。

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2020年9月の読了本

  1.『あの墓を掘れ』 生島治郎
  2.『チェシャ猫は見ていた』 マーシャ・マラー
  3.『突然の明日』 笹沢左保
  4.『探偵は吹雪の果てに』 東直己
  5.『草軽電鉄殺人事件』 梶龍雄

 5冊読了等。
 まあまあの読了数。がんばったほうだと思います<自画自賛

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『あの墓を掘れ』『突然の明日』『探偵は吹雪の果てに』

・普通
 『チェシャ猫は見ていた』『草軽電鉄殺人事件』

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

 『あの墓〜』の主人公、志田司郎の名前をどっかで見たことあるなぁと
思っていたら有名作『追いつめる』の主人公でした(;^_^。古い国産ハー
ドボイルドで古臭く感じるかなと思ったんですが、自分がジジイのせいか
はたまたそうそう変わるものでない人間の本質的な面が描かれているから
なのか、令和の時代でも同じように楽しむことができました。
 『突然〜』はアリバイもの。現実にはちょっとありそうにないけれど、
登場人物たちの描き方と手がかり含む物語展開の構図がよく出来ているの
で、さすがに古さをは感じつつも楽しめました。
 『探偵〜』は、ススキノ探偵シリーズ長編5作目。主人公の「俺」も既
に45歳とは……(σ)トオイメ…。無駄に見えるところが実はものすごく
現実的で、わざわざそれを描き出している効果が、『あの墓〜』と比べて
国産ハードボイルドが進み続けている一面なのかなぁと思ったり。
 『チェシャ〜』は構成がよく理解できず、また『草軽〜』は構成が複雑
だったので、ともによく理解できず普通止まりでありました。

2020年9月の購入本等

  1.『七つの試練 池袋ウエストゲートパークXIV』 石田衣良
  2.『13・67 (上)』 陳浩基
  3.『13・67 (下)』 陳浩基
  4.『それまでの明日』 原
  5.『ジョン・ディクスン・カーの最終定理』 柄刀一
  6.『インド倶楽部の謎』 有栖川有栖
  7.『マスカレード・ナイト』 東野圭吾

 7冊購入等。
 正直買い過ぎだけれど、満足度は高いので止むを得ません<言い訳。
1&4〜7は定番作家作品信頼買い。4はホント久しぶりだなぁ。名前以
外、どんな主人公だったか正直忘れてます(;^_^。
 2&3はネット評判信頼買い。日本以外のアジア圏ミステリ初購入。楽
しみです。

そいでは!!
[182.166.198.141][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/85.0.4183.121 Safari/537.36]

2509. 2020年09月06日 10時50分07秒  投稿:SAMANA 

 50歳代半ばのジジイながら、今さらアニメの「けいおん!」にはま
っておりますドウシタヽ(゚Д゚三゚Д゚)ノドウシタッ!!!。
 仕事で疲れ果ててるせいなのか、悪人が出なくて何も考えずに楽し
める番組が見たくて動画配信さぐっていたらたどり着きました。
 もうすぐ全作見尽くしそうなので、また別の癒し系作品を見つけな
いと…*(*´∀`*)ゞエヘヘ

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2020年8月の読了本

  1.『黒の試走車』 梶山季之
  2.『銀杏坂』 松尾由美
  3.『射撃の報酬に5万ドル』 ハドリー・チェイス
  4.『麦の海に沈む果実』 恩田陸
  5.『第三の女』 夏樹静子

 5冊読了等。
 厚めの本もあったので5冊は御の字。5冊目読了が8/31とギリギリ
でしたが…(;^_^。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『黒の試走車』『銀杏坂』『射撃の報酬に5万ドル』
 『麦の海に沈む果実』

・普通
 『第三の女』

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

新旧というか小旧・中旧・特旧織りまぜての読書になりましたが、ほと
んどの作品でそれぞれの持ち味が楽しめた、充実した月だった印象。
『黒の〜』は、自動車業界を舞台にした経済諜報サスペンスで、現代人
の属性ではさすがにないような動きがあると思いつつ、それでも普遍的
な面では変わりがないよなぁと思えてしまう何だか不思議な感覚に。
『銀杏坂』は、この世の不思議系連絡短編ミステリ集。幽霊がでてくる
1作目の「横縞町綺譚」がやっぱり好き。全体を通して漂う(軽)哀切
感も今の心情に沁み込みやすくて良かったかも。
『射撃〜』は、今まで読んだチェイス作品と毛色が違っていて軽く驚き。
チェイス作品の特徴といえるドライさが今作では文体と展開上の各種結
果ぐらいで、ストーリー展開もキャラクターの意思もかなりウェット。
様々な「男」を感じさせる、沁み込みのさる作品でした。
『麦の〜』は、異世界的な学園を舞台にしたミステリ。主人公の造形と
見せ方が、終盤までの作品内容をより面白く感じさせているところが新
体験で楽しめました。どこがどうと具体的に言えないのが情けないけれ
ど、文章表現も上手いよなぁと感じたり。
『第三〜』は、逆に文章が合わなかったせいか、こんな展開になってい
くかぁ?と説得力を感じぬまま読み進めたところ、最後にミステリらし
い結末になってくれたので少しホッとしました(;^_^。


2020年8月の購入本等

  1.『本格力 本棚探偵のミステリ・ブックガイド』 喜国雅彦・国樹由香
  2.『7人の名探偵』 綾辻行人・歌野晶午・法月綸太郎・有栖川有栖・我孫子武丸・山口雅也・麻耶雄嵩
  3.『密室と奇蹟 J・D・カー生誕百周年記念アンソロジー』 芦辺拓・加賀美雅之・小林泰三・桜庭一樹・田中啓文・鳥飼否宇・二階堂黎人
  4.『怪盗不思議紳士』 我孫子武丸

 4冊購入等。
 アンソロジー2冊購入と少し珍しい月に。普段は各作家の短編集に今
後入るだろうと思って、アンソロジーを買うことはないんですが、まぁ
この主題だしこの参加作家陣なので、やっぱり買っちゃいました。
1と4は作家信頼買い。我孫子作品もめっきり絶賛ご無沙汰中…(;^_^。

そいでは!!
[182.166.198.141][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/85.0.4183.83 Safari/537.36]

2508. 2020年08月04日 22時43分08秒  投稿:SAMANA 

 迷惑メールが多くてOUTLOOKの海外ドメインメール迷惑設定機能を使うも
ノートPCでは機能したのにデスクトップPCでは機能せず。どうするかと色
んなところをいじってみたら、認証とやらが必要になり、しかも何やら設定
回数オーバーみたいな通知がなされて、身動きできなさそうな状態に突入。
しかもこの状態がOUTLOOKだけでなくEXCELやWORDにも波及。MICROSOFTのラ
イセンス対応の仕組みはさっぱり理解できないし、ああもう本当に面倒くさ
い。こんなこと書いていてもちっとも楽しくない。この文章をここまで読ま
れた方もきっと全然楽しくないことと思います。以下の戯言で少しでも気分
転換していただけたなら嬉しいのですが…。本当にゴメンナサイ<(_ _)>。

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2020年7月の読了本

  1.『なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?』 アガサ・クリスティ 
  2.『気まぐれ指数』 星新一
  3.『波濤の牙』 今野敏
  4.『天才は善人を殺す』 梶龍雄
  5.『ソフト・センター』 ハドリー・チェイス
  6.『令夢の世界はスリップする 赤い夢へようこそ -前奏曲-』 はやみねかおる

 6冊読了等。
 ここ1年の中では最大の読書数です。やれば出来るやん、自分(*'-'*)エヘヘ。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?』『気まぐれ指数』『波濤の牙』
 『天才は善人を殺す』『ソフト・センター』
 『令夢の世界はスリップする 赤い夢へようこそ -前奏曲-』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

『なぜ〜』は、冒険サスペンスものながら不思議な"野暮"面白さの、
『気まぐれ〜』は、登場人物たちのウィットとユーモラスな詐欺的ストーリー全体図の、
『波濤〜』は、海難救助に関わる男たちの心揺さぶられる意思と行動の、
『天才〜』は、当時のIT技術も取り込みつつ密室など本格ミステリ度も充分の、
『ソフト〜』は、無駄のない犯罪サスペンスのスリリングな展開の、
『令夢〜』は、はやみね各作品スターキャスト集結の、
魅力でそれぞれ楽しませてもらいました。今月は結構お腹いっぱいです(^ー^* )エヘヘ


2020年7月の購入本等

  1.『天城一の密室犯罪学教程』 天城一/編者:日下三蔵
  2.『サロメの夢は血の夢』 平石貴樹
  3.『シンポ教授の生活とミステリー』 新保博久
  4.『東野圭吾公式ガイド 作家生活35周年ver.』 東野圭吾作家生活35周年実行委員会編
  5.『令夢の世界はスリップする 赤い夢へようこそ -前奏曲-』 はやみねかおる
  6.『マカロンはマカロン』 近藤史恵

 6冊購入等。
 ここ半年の中では最大の購入数です。あかんやん、自分(-ε-)ブー。
 ここ1年の中では3番目に多い購入数です。余計あかんやん、自分(-ε-)ブーブーブー。

1・2・5・6は作家信頼買い。
5は悩んだものの、物珍しさで購入決定(;^_^。
4は6月刊行予定と思って「6月は購入数少ないから買おう」と決めたのに
7月刊行となって、心の中でブーブー文句をつけながらも一度決めた購入モ
ードには抗えず結局購入。強い意志持とうよ、自分(ノд-。)クスン。

そいでは!!
[182.167.77.193][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/84.0.4147.105 Safari/537.36]

2507. 2020年07月01日 21時09分50秒  投稿:SAMANA 
 最近、仕事休みが待ち遠しくて待ち遠しくて仕方ありません。心身
ともにかなり疲れているかも…(;^_^。んでも7月からは何だかよくな
りそうな予感がしてます。このまま新型コロナがおとなしくなってくれ
ればの前提ですが‥…━━ *  m(゚- ゚ ) ホシニネガイヲ・・・

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2020年6月の読了本

  1.『はなれわざ』 クリスチアナ・ブランド
  2.『殺意は砂糖の右側に 天才・龍之介がゆく!』 柄刀一
  3.『早春の少年 伊集院大介の誕生』 栗本薫
  4.『なみだ研究所へようこそ!』 鯨統一郎

 4冊読了等。
 なぜか通常ペースより1冊多く読了出来ました。本格トリック
度の高さ・リーダビリティの高さ、のある作品が続いたからかも
しれません。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『はなれわざ』『殺意は砂糖の右側に 天才・龍之介がゆく!』
『早春の少年 伊集院大介の誕生』『なみだ研究所へようこそ!』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

 『はなれわざ』は期待値ハードル上げ帯文句に用心したせいか、
思っていた以上に楽しめました。ただ、海外作品に感じる、自分の
感覚に合わない会話・交流感覚がこの作品にもあって読み辛かった
のが残念。また、トリックは感心するものの小説ゆえの成立で、実
際にはちょっと難しそう…(;^_^。
 『殺意〜』は、以外にも物理トリック系短編集で、作者のその心
意気にニンマリ。主要キャラもそこそこ魅力的。
 伊集院ものを実はミステリとしてあまり面白く感じてなかったの
ですが、『早春〜』は少年の成長譚として楽しめました。ただ、幾
度もの繰り返しでくどさの見える栗本節(表現)は相変わらず。
 『なみだ〜』はおちゃらけ系統ながら各作に作者の工夫がみえて、
ネタの出来に「?」と思うことはあったものの良心的なその姿勢に
安堵感を覚えたり(^_^)。

2020年6月の購入本等

  1.『筒井康隆、自作を語る』 筒井康隆
  2.『あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続』 宮部みゆき

 2冊購入等。
 2.は定番作家作品買い。宮部作品は46冊積読状態。宮部時代
物もすっかりご無沙汰しています(;^_^。
 1.は非ミステリで購入迷ったのですが、若い頃にハマった不世
出天才作家の自作語りはやっぱり読んでみたくて購入。短編「陰悩
録」は読んで本当に死ぬほど笑い転げ、「文字ばかりの小説でこん
な事が出来るなんて…」とマジで感動した、遠い遠いあの頃が懐か
しい…(´ー`)y-~~

そいでは!!
[59.190.180.57][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/83.0.4103.116 Safari/537.36]

2506. 2020年06月03日 19時53分57秒  投稿:SAMANA 

 いまだ手元にアベノマスクが届いていない現在。思い出すのは菅官房
長官が2月中旬頃の会見で「早ければ来週にマスク不足解消の見通し」
との主旨コメント。見通しがどれだけ狂えばこうなったのか本当に不思
議。まるで名(迷)犯人のアリバイ発言みたいと思ったり…(-゛-メ)ムゥ

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2020年5月の読了本

  1.『甦る推理雑誌10 「宝石」傑作選』 ミステリー文学資料館編 
  2.『四日間の奇蹟』 浅倉卓弥
  3.『ガン・ロッカーのある書斎』 稲見一良

 3冊読了等。
 4カ月連続3冊読了〜〜〜って、何にも嬉しくない(;^_^。1の読書時
間がかかりすぎたのが残念。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 『四日間の奇蹟』

○楽しめた
 『ガン・ロッカーのある書斎』

・普通
 『甦る推理雑誌10 「宝石」傑作選』

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

 『〜「宝石」傑作選』は、選出がマニアックすぎるような感じで、その
せいか失礼ながら内容的に「傑作選」とまでいってないように思えたのが
残念。
 『四日間〜』は第一回このミス大賞作品。長年、読書していますが、主
要登場人物たちに何度でも会いたい・この人たちの声をもっと聞きたい、
という思いが募って読書を優先させたのは初めての体験でした。
 ここまでの体験が出来たのは、作者が今作で描きたかった想いに私が共
感したことがもちろん前提にはなるのですが、今作で作り上げられたスト
ーリーの舞台・構成・展開が、作者の想いと強く結びついていることに加
え、とても巧みな文章力及び描写力でこの作品世界が更なる高みに導かれ
ているからだと思っています。
 また、実は主要人物のみならず言葉を発していない登場人物までも程度
の差はあれ「会いたい」との思いを今作では抱かせてくれました。ここま
でくるともう、作者の人間性が作品に満ち溢れたからだという乱暴な考え
まで浮かんでしまいます。
 それにしても、今の敬輔に、千織ちゃんに、藤本氏に、倉田先生に、未
来ちゃんに会ってみたい。
 そして何よりもやっぱり、岩田真理子さんと会いたい、話をしたい、一
緒の時間を共有したい、と想い募るばかりです。
 『ガン・ロッカー〜』は、銃・ライフル・ナイフ等、武器にまつわるエ
ッセイ集。心身共に「へたれ」なので武器関係には全く興味がないんです
が、稲見作品とあらばやっぱり読んでみたいもの(;^_^。案の定、武器説
明では実感できないところが多かったんですが、エッセイの端々に垣間見
える「稲見語り」は、今の時代にそぐわなくなりつつある気配を感じなが
らも、昭和世代の胸に小さい熱塊を生み出してくれました。

2020年5月の購入本等

  1.『知りすぎた男』 G・K・チェスタトン
  2.『ミステリー作家は二度死ぬ』 小泉喜美子
  3.『福家警部補の追及』 大倉崇裕
  4.『ミステリなふたり あなたにお茶と音楽を』 太田忠司

 4冊購入等。
 2&4は定番作家買い。2は短編集で既読作も多そうなんですが、未読
作品があるということで購入決定。
 3は、毎度のごとくまだ1作も読んでないのにシリーズ信頼買い。
 1は、迷ったけれど購入。ミステリ度が高い「逆説」と出会えることを
期待するようにします(^_^)。
 予定では5冊予定だったんですが、1冊が6月刊行になっていて翌月ま
わしに。来月はちょっと厳しくしないと……と、思うだけ(-。-)y-゜゜゜

そいでは!!
[58.189.75.134][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/83.0.4103.61 Safari/537.36]

2505. 2020年05月03日 11時42分58秒  投稿:SAMANA 
 職種柄、GWも新型コロナも関係なしで相変わらず出勤の日々。しかし
土日祝の梅田は本当に人影まばら。まだまだ辛抱の日々が続くんたろう
なぁ。こんな時に積読順番でウィルスを扱ったミステリが回ってきたら
読みたくないかも(;^_^。

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2020年4月の読了本

  1.『崩壊の夜』 笹沢左保 
  2.『都会のトム&ソーヤ 外伝 16.5 魔女が微笑む夜 』 はやみねかおる
  3.『ドーヴァー 2』 ジョイス・ポーター

 3冊読了等。
 …………。もう無理をせず、自分が楽しめて出来る範囲での読書を楽し
むことにいたします(;^_^。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 『ドーヴァー 2』

○楽しめた
 『都会のトム&ソーヤ 外伝 16.5 魔女が微笑む夜』

・普通
 『崩壊の夜』

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

 『崩壊〜』は、驚きもあったし筋運びも確かなので普通の精神状態だっ
たら「楽しめた」の部類なんですが、いかんせん人間社会の闇の部分が強
く描かれていて、今の疲労状態では気がめいりすぎたので「普通」に。
 逆に『都会の〜』は、はやみね印のシニカルユーモア会話やり取りが今
作も安定の出来なので「ほっと一息」感を楽しめました。ただ、個人的に
は「大風呂敷の収束」にしばられない、自由な「夢水もの」を読んでみた
いなぁとも思ったり(;^_^。
 そして今月の収穫は『ドーヴァー 2』。「史上最低の名探偵」という
謳い文句が今作ではピッタリ。(動機はどうあれ)意外なほどに推理を繰
り広げていて、(真相はどうあれ)徐々に犯人像が絞られる推理展開もか
なり楽しめました。前に読んだシリーズ作では人格的に最低なのは変わら
ずでしたが、推理もほとんどしてなかった記憶があるので、ホント嬉しい
驚き。そのせいかマグレガー部長刑事が(導き役ではあるものの)今作で
は引き立て役に終わったような印象だったのも、逆にちょっと嬉しいかっ
たりo(*^▽^*)oエヘヘ!

2020年4月の購入本等

  1.『バスを待つ男』 西村健
  2.『素敵な日本人』 東野圭吾
  3.『震える教室』 近藤史恵

 3冊購入等。
 1と2は定番信頼買い作家作品。これで東野圭吾積読本が39冊になっ
たのですが、近藤史恵積読本はそれを上回る42冊だったのが判明して軽
く驚き。そうすると近藤作品ってほぼ初期作品しか読んでないんだろうな
ぁ…(;^_^。
 3は買うか買わないか少し迷い。西村健作品って活劇ものしか読んでな
いので、穏やかっぽい今作に不安を感じたからなんですが、結局は購入。
ジャンルの広がりに期待しています。

そいでは!!
[58.189.75.134][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/81.0.4044.129 Safari/537.36]

2504. 2020年04月05日 19時27分02秒  投稿:SAMANA 
 世の中、上下左右前後全てがコロナ騒動一色の状況。気のせいか通勤途
上(仕事の性質上、在宅勤務もテレワークも時差出勤も現時点ではないの
です)でも少し張り詰めた雰囲気が感じられます。のほほんとした雰囲気
が戻ってくるのはいつの日なんだろう…(;´ρ`) グッタリ

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2020年3月の読了本

  1.『エッジウェア卿殺人事件』 アガサ・クリスティ 
  2.『めんどくさがりなきみのための文章教室』 はやみねかおる
  3.『密室に向かって撃て!』 東川篤哉

 3冊読了等。
購入確定のはやみね作品以外は作家信頼買いの1冊のみだったので、まず
まずの数。こういう月こそ読了数を多くしたかったんだけれど…。コロナ
のバカ〜!!( ノД`)シクシク…

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『エッジウェア卿殺人事件』
 『めんどくさがりなきみのための文章教室』
 『密室に向かって撃て!』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

 『エッジウェア〜』はさほど驚きはなかったものの、基本的で安定した
本格ミステリの話運びで安心読書。ヘイスティングズだけでなくジャップ
も登場していたのが嬉しい。
 『めんどくさがり〜』は非ミステリで子どもたちに文章の書き方を教え
る教則本。とは言ってもはやみねかおるなので、堅苦しさ皆無で、男の子
と猫との会話形式でユーモアを交えながらためになる内容がいっぱい。将
来、ベストセラー作家が「この本を読んで作家になろうと決めた」と話す
るような日が来ることを希望ヽ(*^^*)ノ。
 『密室に〜』は、コミックユーモア基調ながら、メインネタ一発に絞っ
た良くも悪くも(良悪比=9:1)本格ど中心のミステリ。信頼買い作家にし
たいとも思うんですが、かなり作品がある(=積読本が増える)ので保留
中。う〜ん、悩ましい…(-ω-;)ウーン

2020年3月の購入本等

  1.『めんどくさがりなきみのための文章教室』 はやみねかおる
  2.『魔王城殺人事件』 歌野晶午
  3.『都会のトム&ソーヤ 外伝 16.5 魔女が微笑む夜』 はやみねかおる

 3冊購入等。
 積読数を気にしだしてから読書の幅が間違いなく狭まった(特に新人作家は
ほとんど手を出さない)んですが、たまに「こんな事でいいのか? 読みたい
と感じた作品をもっと素直に思うがままに買えばいいのでは?」と悶える時が
あります。そんな時は「読めなかったら元も子もない」と考えて自分をなだめ
るようにしています。「なだめる」と言ってる時点で素直な思いじゃないんで
すけどね…(;^_^。まぁそんなこんなで今月買ったのはこの3冊。やっぱり定番
ばかりでしたC= (-。- ) フゥー。

そいでは!!
[122.29.45.22][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/80.0.3987.163 Safari/537.36]

2503. 2020年03月05日 10時44分47秒  投稿:SAMANA 
 新型コロナウィルスで、公私ともいろいろ面倒な調整が発生していて
憂鬱な状態。読書で気を晴らせればいいんですが、PCでの調整処理に時
間をとられて読書がいつも以上に進まない。あああ。誰か新型コロナを
不可能犯罪で始末してくれぇ〜( ・_・)r鹵~<巛巛巛(ToT

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2020年2月の読了本

  1.『黒い仏』 殊能将之 
  2.『マイナス・ゼロ』 広瀬正
  3.『袋小路』 都筑道夫

 3冊読了等。
 正直、頑張ればもう少し読めたはずなので反省。でも3月は通勤電車内
のPC作業が増えているので厳しい状態。はあぁ…ε-(ーдー)ハァ

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『黒い仏』『マイナス・ゼロ』『袋小路』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

 『黒い仏』は、ネット上で「問題作」「賛否両論」といった文字をよく目に
しましたが●●●●●トリックに納得できて面白い視点があった(「陳腐」と
の感想もありましたが私的には満足出来る視点。見せ方が良かったのかも?)
ので個人的には完全に許容範囲内。それに満足してしまったのか、逆に最後の
一行にはあまり衝撃を覚えず。「それはそれで進んどいても別にかまへんのち
ゃう?」といった感じでしょうか(^_^)。
 『マイナス・ゼロ』は、とにかく昭和初期の(エロではない)風俗描写が秀
逸。ただ、これはタイムトラベルものとしての風俗の見せ方をしているからこ
その面白さのはずなので、SFと(エロではない)風俗の見事な融合がこの小説
の魅力だと思うことしきり。これでもう少しSF面ですっきりした印象が残れば
よかったんですが、これは私が鳥頭だから止むを得ません(;^_^。
 『袋小路』は、怪奇小説短編集ですが、正直さほど怖さは感じず。ただただ
都筑道夫特有の文体&会話体を懐かしんで楽しんでました(;^_^。

2020年2月の購入本等

  1.『濱地健三郎の霊なる事件簿』 有栖川有栖

 1冊購入等。
 たった1冊で良かった…ε-(´∀`*)ホッ
 有栖川未読積読はこれで28冊。講談社ミステリーランドの『虹果て村の秘
密』も、学生アリスシリーズの『女王国の城』『江神二郎の洞察』も、日本推
理作家協会賞受賞の『マレー鉄道の謎』ほか国名シリーズの『スイス時計の謎』
『モロッコ水晶〜』も絶賛読書順番待ち中。少なくとも学生シリーズの2作と
『マレー鉄道の謎』を読了するまでは絶対に死にたくありません(;^_^。

そいでは!!
[58.189.75.134][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/80.0.3987.132 Safari/537.36]

2502. 2020年02月07日 22時49分32秒  投稿:SAMANA 
 2/5に1月読書結果書き込んだはずなのに、ふと胸騒ぎがして
覗いてみたら全て消えている…エーン!!−=三ヾ(ヾ(ヾ(ヾ(ヾ(ヾ(*T□T)ツ。
 いつもより多めにあれこれ書いたので、もう脱力しかありません。
なので結果とかろうじて記録が残っていたお勧め文のみ書込み。
本当にごめんなさい<(_ _)>。

さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2020年1月の読了本

  1.『アナザヘヴン2 VOL.3』 飯田譲治・梓河人
  2.『アナザヘヴン2 VOL.4』 飯田譲治・梓河人
  3.『貧乏くじはきみが引く』 ハドリー・チェイス

 3冊読了等。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 『貧乏くじはきみが引く』

○楽しめた
 『アナザヘヴン2 VOL.1〜4』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

 とにかく『貧乏くじ〜』が楽しめました。ジャンルでいえば何というのか…。
主人公は無実の罪で刑務所入りしたせいで悪事に手を染めるけれど根っからの
悪人ではないので、私がイメージする「悪党小説」「クライム・ノヴェル」と
いったイメーはそぐわないし、かといって単なる「サスペンス」との表現では
何だか言い足りない。長ったらしいけれど「スリルとサスペンスに満ちた無駄
のない犯罪小説」といったところでしょうか。
 約70年前の作品だからかストーリー展開に余分な要素がなくて、この手の小
説に不慣れな私にとってはかなりとっつきやすく、目いっぱいドキドキハラハ
ラさせてもらいました。人物造形が薄いようにも思いますが、ドラマ性よりス
リル味のほうが今の読書環境には適していたのでそれもかえって私的には高評
価。古典ってやっぱりいいもんですね(^_^)。

2020年1月の購入本等

  1.『新しい十五匹のネズミのフライ ジョン・H・ワトソンの冒険』 島田荘司
  2.『巴里マカロンの謎』 米澤穂信

 2冊購入等。

そいでは!!
[58.189.75.134][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/79.0.3945.130 Safari/537.36]

  1〜20件(保存数250件) 

[NAGAYA v3.13/N90201]