黒猫荘
「黒猫荘」は、利用者同士の交流を大切にした、長屋形式の掲示板です。
「入居者リスト」をクリックして、他の部屋にも訪問して見て下さい。
新規入居者 大募集中!!(満室の場合は管理人にご相談下さい)

掲示板スパムで、ご迷惑をおかけし申し訳有りません。

ただいま、掲示板スパム対策として、スクリプトを改造中です。
詳しくは、1号室をご覧下さい。

 [黒猫荘の入口]
 [入居者リスト]
[015号]
[017号]
[最新発言の一覧]
[掲示板の使い方]
大家のHPにも遊びに来て下さい
|小林文庫|掲示板|推理小説ノート|

[mobile対応版 黒猫荘]

これがワテのお勧めやねん!!
PLMS : mys016  
オーナー:SAMANA 
SINCE 1999.5.4
ようこそ16号室へ!! 私がこの部屋でやろうとしていることは、

1)ミステリ未経験・経験少ない人にミステリ好きになってもらおう!!
2)ある程度の経験者にはまだまだこんなミステリがあるってことを知ってもらってますますミステリ好きになってもらおう!!
3)ミステリどっぷり者には、DEEPな情報をお互いに提供・体験してもらって「アッシャー家」のように泥沼に沈んでもらおう(笑)!!

と、要は「ミステリを好きになる人が増えればいいな」ってことです。
皆さん、「お勧め本」のご紹介よろしくお願いします。「お勧めダブり」は大歓迎。集計して「お勧め人気度」もだしたい(笑)。
でもネタバレはやめてね!!!

ウダ話OK。ミステリウダ話(ミステリにちょっとでも関係した雑談。例えば小ボケ・小ツッコミ・オフ話等)で
ミステリに興味を持ち始める可能性はあると思います。
ただしウダの内容は『皆様の良識』に期待!!

○ お勧め中間集計(1〜2250)はこちらからどうぞ。  ※次回集計は1〜2500の予定

○ 管理人継続企画 はやみね作品小ネタ集はこちらからどうぞ。

○ 管理人継続(?)企画 自己満足アンソロジーはこちらからどうぞ。

○ ここは私のサイトの掲示板であるだけではなく、ミステリ長屋「黒猫荘」の一室(16号室)にもなっています。
   スパム書込みほかの影響で今は長屋全体がさみしい状況になっていて、
   退室したほうが管理人さんにもご迷惑かけなくていいんだろうと思いつつ、いまだグズグズしております。
   申し訳ありませんがいましばらくお付き合いいただければ幸いです。


あなたは番目のお客様です。(since 1999/09/13)


  Page2 / 13  Top | Bottom 
   21〜40件(保存数250件) 
[HomePage]   ▼ 投稿する ▼ 削除する ▼ 管理用  


2533. 2022年09月10日 15時25分59秒  投稿:SAMANA 

 8/8にコロナ陽性者になりました……(^_^;
 38度台の熱が2日程度で大事には至らず。ただまとわりついてきた倦怠感
には悩まされました。一部分を無理やり進める、慣れない在宅勤務(しかも
年休扱いの中)に時間をとられて本を読む暇なんてこれっぽっちもありゃし
ない。やっぱり病気にかかるもんじゃないっすね(゚゚)(。。)(゚゚)(。。)ウンウン

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2022年8月の読了本

  1.『QED 東照宮の怨』 高田崇史
  2.『現代夜討曽我 墨野隴人シリーズ』 高木彬光
  3.『時の誘拐』 芦辺拓

 3冊読了等。
 実はコロナになったら「本がたくさん読める」と思っていた私。本当にバ
カ者でした(^_^;。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『時の誘拐』

・普通
 『QED 東照宮の怨』『現代夜討曽我』

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

 『QED〜』は、東照宮の史実?がもたらす驚きの説と、現実世界の事件
を組み合わせたミステリのシリーズ4作目の長編。
 毎度のごとくウンチクについていけず凄さも実感できず。ミステリ部
分もコロナ後では全く思い出せず、申し訳ないが普通扱い。たぶん私は
都市伝説がもたらす驚き話は好きでなく、その伝説のほころびをついて
一刀両断するような推理を読みたいんだと思います。
 『現代〜』は、"陽気な未亡人"の村田和子が関わる事件で、名探偵の
墨野隴人が活躍するシリーズの4作目。
 どこかのHPかツイッターの高木彬光評で「洗練された〜」という表現
があったんですが、私の高木彬光イメージは良くも悪くも「バタ臭さ」。
この作品では少し良くないほうの「バタ臭さ」を感じました。昭和62年
作とのことですが、この時代で「夜討曽我」や芸能世界描写のセンスは
少し違うような気がしたり…(^_^;。時代センスがあっていればストー
リー自体はもう少し楽しめるものになるような気がします。
 『時の〜』は、弁護士名探偵森江春策が誘拐事件を解決するため、戦
後間もない事件の謎にも取り組むダブル長編ミステリ。
 誘拐事件序盤のとあるネタは、根っからの意外性で普遍性を感じさせ
るものでしたが、"あれ"にまつわる他のネタは発刊された旬の時期に読
んだほうがより楽しめるもので、時の流れの速さを痛感。まさに私の時
が誘拐されました……<いや、全然うまくないから┐( -"-)┌ヤレヤレ...

2022年8月の購入本等

  1.『現代夜討曽我 墨野隴人シリーズ』 高木彬光
  2.『おじさんのトランク 幻燈小劇場』 芦辺拓
  3.『人間じゃない 〈完全版〉』 綾辻行人
  4.『殊能将之 未発表短篇集』 殊能将之
  5.『魔眼の匣の殺人』 今村昌弘
  6.『いけない』 道尾秀介

 6冊購入等。
 『現代〜』は実際に購入したわけでなく、なぜか所有本データで既読
になっていて、数合わせで購入本にしたもの。床の積読山が何回か崩れ
たりしているので、ひょっとしたら本棚においてた既読の『現代〜』を
崩れた時に巻き込み、間違って積読本においてしまったのかもしれませ
ん…<こんな話、誰が興味あんねん!ヾ(゚ε゚ )ォィォィ

 2、3、5は定番信頼買い作家本。綾辻文庫本購入は、けっこう久し
ぶりかも。
 4は「未発表」の文字に気持ちが揺れ動いて購入。
 5は、書店でみかけて帯か何かの煽り文句にゆすぶられ、迷いに迷っ
て結局購入。どちらも販売戦略にまんまと乗せられまくりです(^_^;。

そいでは!!
[121.85.75.77][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/105.0.0.0 Safari/537.36]

2532. 2022年07月30日 19時58分40秒  投稿:SAMANA 

 7月末は初めて在宅勤務というものを経験しました。いやはや在宅っ
てやっぱり難しい。気持ちの切り替えが上手くできません。結局、2日
間は午後半夏休をとって家でのんびりしてしまいましたヤレヤレヽ(~〜~ )ノ。

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2022年7月の読了本

  1.『はじまりは青い月 スカーレット・パラソル1』 新庄節美
  2.『今夜はパラシュート博物館へ』 森博嗣
  3.『スティームタイガーの死走』 霞流一
  4.『イリーガル・エイリアン』 ロバート・J・ソウヤー

 4冊読了等。
 少しペースが落ち着いてきたかも。でも以前と比べたらハイペース。
この調子を続けていきたいものです。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『はじまりは青い月』『今夜はパラシュート博物館へ』
 『スティームタイガーの死走』『イリーガル・エイリアン』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

1.怪盗女子高生と探偵助手青年が活躍するほのぼの系怪盗もの。こん
な世界観が味わえれば、もうそれだけでいいです。
2.はあのシリーズキャラが登場する作品もある短編集。この作者のポ
エム系短編は馴染めないけど、それはこの作者の仕掛けに気づいけない
からかもしれない。
3.はドタバタスピーディミステリ長編。大き目の一発ネタには久々に
驚きの快感を味わうことができました。
4.は異星人ファーストコンタクトからの法廷ミステリというトンデモ
展開なSFミステリ。面白かったのは確かなのに、読後感が「被害者が哀
れ」「裁判上の考え方が捻じれに捻じれ過ぎて変なことになってる」よ
うに感じてしまいました(;^_^。

2022年7月の購入本等

  1.『凛の弦音』 我孫子武丸
  2.『希望の糸』 東野圭吾
  3.『死が招く』 ポール・アルテ
  4.『優等生は探偵に向かない』 ホリー・ジャクソン
  5.『ギャンブラーが多すぎる』 ドナルド・E・ウェストレイク

 5冊購入等。
 読了ペースが良いのでちょっと買いすぎ傾向。自制しないといけない
のに、ネット情報だとどうも8月はたくさん購入しそうな予感……。

 1〜3は定番作家信頼買い。1の設定には胸キュンしかありません。
 4.は評判いいので楽しみだけど、読書時はたぶん80歳代なので主
人公の心情に共感できるのかどうかちょと心配。というか、そもそも生
きてるのか私?(´・ω・`)シランガナ
 5.は謳い文句「1960年代のNYムード満載、巨匠による幻の逸品」に
やられて購入決定。ウェストレイク作品の良い読者ではないけれど、ウ
ェストレイクが描くNYムードには浸ってみたいものです。

そいでは!!
[121.85.75.77][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/103.0.0.0 Safari/537.36]

2531. 2022年07月02日 23時19分35秒  投稿:SAMANA 

 超短い梅雨が去り(また戻ってきそうな気もするけど)、暑すぎる
夏が到来。今年は本当に部屋の中の熱気がこもりまくりで息苦しくな
るほど。本と一緒に干からびないように注意します(・ω<) テヘペロ

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2022年6月の読了本

  1.『神戸異人館事件帖 《夏の海の水葬》』 陳舜臣
  2.『真珠の首飾り』 R・ファン・ヒューリック
  3.『海の稜線』 黒川博行
  4.『殺人リハーサル』 梶龍雄
  5.『アルバイト探偵 拷問遊園地』 大沢在昌
  6.『九時から五時までの男』 スタンリイ・エリン

 6冊読了等。
 先月に続き、私にしてはかなりのハイペース。やっぱり職場環境が
変わったのが大きかったかも。限定的とはいえ今のほうが忙しいのに
…(;^_^。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『神戸異人館事件帖』『真珠の首飾り』『海の稜線』
 『殺人リハーサル』『アルバイト探偵 拷問遊園地』
 『九時から五時までの男』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

『神戸〜』は、神戸異国情緒を背景に老人2人のミステリ的回顧話
短編集。前半のほうがミステリ的には楽しめた感じ。
『真珠〜』は、名探偵ディー判事シリーズ長編。描写についていけ
ないところがあったものの、あっと驚くネタは満足。ディー判事作
品、やっぱり楽しめます。
『海の〜』は、大阪府警の「総長とブン」もの長編。ブンとキャリ
ア警部補のやりとりに今ひとつ乗り切れず。このレベルだと一回は
破綻しそうな気がする。そこからの認め合いドラマがほしかったか
も。事件の構図とツメ具合は相変わらず緻密でさすがです。
『殺人〜』は、トリック系推理長編。しっかりと考えて作り込まれ
ていると思うけれど、推理ブームで様々な人達により生み出された
推理小説の膨大すぎる作品群に埋没するぐらいの出来だったように
思えたのが残念。
『拷問〜』は、主人公の小生意気浪人生が親父とコンビで活躍する
シリーズのライトアクション長編。これまでのシリーズ作になかっ
た主人公の苦悩からの成長描写が印象的。主人公が対峙した出来事
は「へ? こんな大したことないことで?」と正直思いましたが、
ちっぽけな生身の人間が味わうものって「実はこんな程度やよな。
でも、これがツライんよな」と気づかされた後は、しばらく続く主
人公の等身大の率直な描写にちょと感動。
『九時から〜』は、「奇妙な味」の作家、ロアルド・ダールとよく
比べられる短編の名手の作品集。最終話「倅の質問」もいいんです
が、なぜか蚤の大道芸という不思議な世界が描かれた「蚤をたずね
て」が印象に残りました。ちょっと斜め上の「奇妙な味」?(;^_^。

2022年6月の購入本等

  1.『黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続』 宮部みゆき

 1冊購入等。
 4、5月と2冊ずつと少購入だったのが今月はとうとう1冊のみ。
来月以降の反動に今からビクビク中((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル。
 宮部文庫本もこれで83冊目。うち47冊が積読で宮部積読率は57%。
早く50%をきりたいなぁ〜<目標低っ!(>ェ<;

そいでは!!
[58.188.184.192][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/103.0.0.0 Safari/537.36]

2530. 2022年06月04日 22時21分29秒  投稿:SAMANA 

 異動先業務の知識&経験皆無に加え、特殊事情のよる大幅業務量で超多忙。
早くヤマを越えたい。ほんっっっっっっっとうに越えたいです( ノД`)シクシク…。


 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2022年5月の読了本

  1.『最後に死ぬ奴、笑う奴』 有明夏夫
  2.『カウント・プラン』 黒川博行
  3.『危険なあなた』 山崎洋子
  4.『怪盗クイーン 楽園の名画を追え』 はやみねかおる
  5.『捕虜収容所の死』 マイケル・ギルバート
  6.『不思議の国のアルバイト探偵』 大沢在昌
  7.『白公館の少女』 伴野朗

 7冊読了等。
 久々に5冊以上の読了。職場異動効果によるものですけど、要因が「超多忙
ストレス」というところが少し悲しい…(;^_^。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
  なし

○楽しめた
 『カウント・プラン』『危険なあなた』『怪盗クイーン 楽園の名画を追え』
 『捕虜収容所の死』『白公館の少女』

・普通
 『最後に死ぬ奴、笑う奴』

△あまり楽しめなかった
  なし

×楽しめなかった
  なし

超多忙ストレスのため今回は感想お休み。ご了承くださいませ。
閉店ガラガラ(;-_-)ノガラガラ


2022年5月の購入本等

  1.『或るエジプト十字架の謎』 柄刀一
  2.『怪盗クイーン 楽園の名画を追え』 はやみねかおる

 2冊購入等。
超多忙ストレスのため今回はコメントお休み。ご了承くださいませ。
………これがクセになったらどうしよう・・・(゚_゚i)タラー・・・


そいでは!!
[58.188.184.192][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/102.0.0.0 Safari/537.36]

2529. 2022年05月03日 22時31分32秒  投稿:SAMANA 

 4月の異動で全く未経験の仕事にとりかかりました。
………むっちゃキツイっす( ノД`)シクシク…。
5月末をめどに大量にこなさないといけない業務があるんですが、正直、
出来る気がしません(;-_-) =3 フゥ

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2022年4月の読了本

  1.『バグ』 松岡圭祐
  2.『女王陛下のアルバイト探偵』 大沢在昌
  3.『龍神池の小さな死体』 梶龍雄
  4.『大氷原の嵐』 ハモンド・イネス

 4冊読了等。
 あと1冊は読み切りたかったけれど、まぁ納得の範囲。仕事のヤマを
越えたら頑張りたいです(;^_^。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし 

○楽しめた
 『女王陛下のアルバイト探偵』『バグ』『龍神池の小さな死体』
 『大氷原の嵐』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

『女王陛下〜』は、バブル全盛期の時代性を完璧に体現したコジャレた
高校生が、一国の女王の警護につくなかでひとときの恋に落ちるライト
ハードボイルドもの。思い切りベタなストーリー展開だけど、それが本
当に心地いい。ジジババが水戸黄門・暴れん坊将軍を愛していた意味が
わかったような気がしました(;^_^。主人公にからむシリーズキャラの
女性たちを今作ではいっさい登場させていないのはグッジョブ。
『バグ』は、人気ゲームソフトが招く子どもたちのトラブルを主軸にし
たサスペンスもの。キャラ造形とリーダビリティは確かながら、ストー
リー中盤のとある展開に少し無理を感じて、そこだけは素直に楽しめな
かったのが残念。
『龍神池〜』は、過去に起きた弟の死に疑念を抱いた建築系大学教授を
主人公にした推理もの。最近、徳間文庫で復刻されましたが、そんな時
期にたまたま積読ケイブンシャ文庫版の読書順番がまわってきました。
奇跡です<そんなたいそうなもんでは全然ない(;^_^。
メインのトリックは180度どころか、全くの別世界にいざなわれたほど
の様相でとても鮮やかでした。作中で例えにだされたシャーロック・ホ
ームズのあの短編の偉大さを痛感。今作は長編ならびに殺人を扱ってる
だけに少しばかり実感できないところがあったのがちょと悔しかったり。
『大氷原〜』は南極近海を舞台にした冒険もの。大自然の厳しさに対峙
する人達の行動はさすがにドキドキワクワクしたものの、緻密な描写を
吸収する気力と想像力がなく、堪能できるレベルまで至らず。あと、と
あるキャラをもっと掘り下げて書いてほしかったかも。

2022年4月の購入本等

  1.『殺人鬼がもう一人』 若竹七海
  2.『フェティッシュ』 西澤保彦

 2冊購入等。 この冊数はナイス。このペースがずっと続けばいいの
に……って、本当にいいのか?(;^_^

どちらも定番作家信頼買い。
2.はどうも当初文庫化の時に買い漏らしていたみたいで、今回の復刊
は素直に感謝です。

そいでは!!
[58.188.184.192][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/100.0.4896.127 Safari/537.36]

2528. 2022年04月03日 12時02分32秒  投稿:SAMANA 

 4月に入り、勤務地異動で全く未経験の職種に就くことになりました。
精神的にはかなり負担が軽くなりそうな気もしてるんですが油断は禁物。
しばらくは様子見です。でも楽になったらいいなぁ…(;^_^。

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2022年3月の読了本

  1.『文福茶釜』 黒川博行
  2.『横浜秘色歌留多』 山崎洋子
  3.『都会のトム&ソーヤ 19 19BOX〜日常〜』 はやみねかおる
  4.『マローン御難』 クレイグ・ライス

 4冊読了等。
 この作家メンツだとあと1冊は読了させたかったんですが、年度末に異
動が重なりかなりバタバタしていたので仕方ない…と自分に言い聞かせて
ます(´-ω-`;)ゞポリポリ


極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『文福茶釜』『横浜秘色歌留多』『都会のトム&ソーヤ 19』
 『マローン御難』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

1.は関西美術界に巣食う小悪党たちがうごめき合うユーモア・プチプリ
ティ・ノアール短編集。小説で読むと愛らしいけど、実際に付き合うのは
やっぱり遠慮しときたい人たちばかり(;^_^。
2.は大正時代の横浜を舞台にロシア革命に関わる暗躍を題材にした長編
ミステリ。イヤミス系でラストはさすがの味わいでしたが、そこに至るま
での、主人公とその母を除く登場人物たちと暗躍ストーリー自体に、何か
うっす〜い靄がかかったような感じで話に入り込めなかったのが残念。
3.は中学生2人が主人公のシリーズ長編19(20?)作目。「"日常"とい
う名のリアルの不確定さを描いた乱歩テイスト変格ジュブナイル」といっ
たところでしょうか。
4。は弁護士マローンシリーズの長編作。切っても切れない関係のジェイ
ク&ヘレンの出番は控えめで、その分、他の脇役関係の出番が多かった印
象。事件の構図と犯人像はいかにもマローンものらしくて手堅い印象。た
だ、子どもの年齢は6、7歳ぐらいのほうがより説得力を感じたかも。


2022年3月の購入本等

  1.『きたきた捕物帖』 宮部みゆき
  2.『都会のトム&ソーヤ 19 19BOX〜日常〜』 はやみねかおる
  3.『歌舞伎座の怪紳士』 近藤史恵
  4.『論理仕掛けの奇談 有栖川有栖解説集』 有栖川有栖
  5.『ベルリンは晴れているか』  深緑野分

 5冊購入等。
1〜4は定番作家信頼買い。
5は予定外で、書店でたまたま見つけ迷いつつも結局、購入。「このミス
第2位」の謳い文句に踊らされてしまいました…エヘ(´∀`)。
また、今回の購入で宮部・近藤・有栖川の未読冊数は46・46・32冊。
なかなか読書順がまわってこないからなぁ……と、自分を富士山より高く
棚上げしつつウンウン頷く春日和です(;^_^。

そいでは!!
[58.188.184.192][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/99.0.4844.84 Safari/537.36]

2527. 2022年03月02日 22時25分35秒  投稿:SAMANA 

 早いもので今年も既に1/6が過ぎました。年度でいえば11/12が過ぎて
残りあと1ヶ月。来年度はちょっと環境も変わりそうで、はてさていった
い私はどうなってしまうんだろう…(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル。

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2022年2月の読了本

  1.『宇宙よりも遠い場所 ファンブック』 アライブ編集部
  2.『ぼんくら (上)』 宮部みゆき
  3.『ぼんくら (下)』 宮部みゆき
  4.『暗黒10カラット 十歳たちの不連続短篇集』 千澤のり子

 4冊読了等。もう少し読了したかったけどやっぱり無理…(;^_^。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『宇宙よりも遠い場所 ファンブック』『ぼんくら(上・下)』
 『暗黒10カラット』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

1は、2021年お勧めエンタメで取り上げたアニメのファンブックで、制作者側のイン
タビューを特に堪能。TVアニメ『宇宙よりも遠い場所』の制作に関わった方々全員は、
この名作アニメを世に生み出したことを、本当に誇りにしていただきたいなぁと勝手
に願ってます。そう思うほどこのアニメは名作です。ホントに。
全話のアフレコ現場ノンフィクションなんてものが書かれたら絶対買って読むんだけ
どなぁ…(  ̄- ̄)トオイメ
2と3は、宮部時代物でめんどくさがり屋の同心が主人公の連作長編。
読み始めの時の感想は「見た目は短編集で1章・2章とも各話完結(これがめっぽう
出来がいい)。連作短編集より密接のため長編扱いされてるなら先が楽しみ」でした
が、この作り込み度合いはまさしく長編テイスト。ただ、宮部みゆきの文章の上手さ
にストーリーと各キャラが追いついていない(負けている)ように思え、長編全体内
の配分が少しズレてるように感じたのが残念。1、2章が単体でものすごく良かった
ので本当に残念( ノД`)シクシク…。
4は、数度のオフ会で面識のあるネット知人さんのミステリ短編集。
「口紅」「初恋さがし」「半分オトナ」が好み。全体を通じてネタ部分には大なり小
なり整理が欲しいのと、この文章は誰の・何を・どこを指しているのか、けっこう読
みづらくて混乱し、たびたび迷子に(;^_^。意図的に読み手を迷い込ませる感じでもな
かったので、もう少し読み手に優しい文章であったほうが嬉しいです。

2022年2月の購入本等

  1.『生還』 小林信彦
  2.『暗黒10カラット 十歳たちの不連続短篇集』 千澤のり子
  3.『カエルの小指 a murder of crows』 道尾秀介
  4.『ダミー・プロット』 山沢晴雄
  5.『世界推理短編傑作集〈6〉』 戸川安宣 編

 5冊購入等。もう少し抑えたかったけどやっぱり無理…(;^_^。
1は、久々に文庫がでたので購入。老いた身の話のようで好みでない内容なので少し
迷いましたが…。
2は、面識のあるネット知人さんのミステリ短編集なので、珍しく単行本買い。
3は、エンタメ系コンゲームっぽいようだし前作『カラスの親指』も積読だったので。
4は、迷ったけれど「私の書いた全作品中一番出来のいい作品」という出版社紹介文
に惹かれて(;^_^。
5は、出版情報入手時点で即購入決定。まさかこの歳になってこのシリーズ新刊が、
しかも戸川安宣編で刊行されるとは…。知ったときはまさしく嬉しい悲鳴をあげまし
たヒェーッヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノヒェーッ♪

そいでは!!
[58.188.184.192][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/98.0.4758.102 Safari/537.36]

2526. 2022年02月03日 09時52分28秒  投稿:SAMANA 

 新年もまたコロナ禍にふりまわされる社会状況が続き、もう出来の悪いコン
トに知らぬ間に強制参加させられて自分なりに必死に対応している悪夢を漂っ
ているかのよう。今年の読書はこの悪夢の漂いを少しでも途切れさせてくれる
でしょうか……(~ヘ~;)ウーン。

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2022年1月の読了本

  1.『我が青春に殺意あり』 梶龍雄
  2.『青春迷路殺人事件』 梶龍雄
  3.『幻獣遁走曲 猫丸先輩のアルバイト探偵ノート』 倉知淳
  4.『怪盗ニックの事件簿』 エドワード・D・ホック

 4冊読了等。
ただ、1は積読中の2の改題作品と判明したため、1の読了とともに2も
ダブリ本として読了扱いで整理。なので実質は3冊しか読了してません。
少ないなぁ……(;´ρ`) ハァァァァ〜。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『我が青春に殺意あり』(=青春迷路殺人事件)
 『幻獣遁走曲 猫丸先輩のアルバイト探偵ノート』『怪盗ニックの事件簿』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

1は、作者の代表シリーズともいえる昭和初期の旧制高校の学生を主人公にすえた
青春ミステリ長編の一作。今作では一高生と三高生がタッグを組んで探偵役をつと
めています。派手さケレン味はないものの、ミステリとしてのトリッキーさはしっ
かり押さえられているし、スポーツ対抗戦への旧高応援気質をはじめ描かれた昭和
初期風俗の世界はやっぱり面白く読めました。
3は、この作者の名探偵キャラ、童顔&年齢不詳の猫丸先輩が活躍する日常系ミス
テリ短編集。細かいところで引っかかる作品(「猫の日の事件」の犯人のあぶりだ
し方法、「たたかえ、よりきり仮面」の犯人の思考)はあるものの、各話の世界観
はそれぞれいい気持ちを与えてくれるものだったので総じて楽しめました。
4は、怪盗ニックものの日本独自短編集シリーズの3作目。こちらは話数が多いの
で作品によって面白さにバラツキがあるものの、駄作と感じるものがないのはさす
がだなぁと思ったり。ニックのスタンスに変化が生じてきたことに軽く驚きました。


2022年1月の購入本等

  1.『記憶の中の誘拐 赤い博物館』 大山誠一郎
  2.『密室蒐集家』 大山誠一郎
  3.『早朝始発の殺風景』 青崎有吾
  4.『帝都探偵大戦』 芦辺拓
  5.『宇宙よりも遠い場所 ファンブック』 アライブ編集部

 5冊購入等。
 1〜4は定番作家信頼買い。2については1の内容確認していたなかで買い漏
れに気づいて購入。1冊増えちゃったけどこれは仕方ない…というか、むしろ気
づいて良かったという思い。ありがとう、wikipedia。
それにしてもこのメンツ、何だか見た目すっごくコッテコテです。
 5は2021年唯一のお勧めだったエンタメ作品の企画本。まぁそこまで入れ込ん
でいるということで…(;^_^。

そいでは!!
[122.29.34.78][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/97.0.4692.99 Safari/537.36]

2525. 2021年12月31日 18時23分17秒  投稿:SAMANA 
 とうとう2021年も残すところあと1日。今年も何とかミステリ系
エンタメ読書の書き込みを続けていくことが出来ました。

 またたく間に2021年が過ぎ新年が開幕。昨年も何とかミステリ系
エンタメ読書の書き込みを続けていくことが出来ました。

※目にした時点に応じてどちらかお選びくださいませ(;^_^

いつまで続くわかりませんし、そもそも実のない書込みを何で続けてるんだろ
うとも思うのですが「止めよう!」との決意も起きていないので、
もしよろしければこれからも、ながああぁぁぁ〜〜〜い目でお付き
合いいただければ嬉しゅうございます。
よろしくお願いいたします<(_ _)>。

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2021年12月の読了本

  1.『閉鎖病棟』 帚木蓬生
  2.『リアル鬼ごっこ』 山田悠介
  3.『2022本格ミステリ・ベスト10』 探偵小説研究会編
  4.『2022年版このミステリーがすごい』 「このミステリーがすごい!」編集部編
  5.『朝霧』 北村薫
  6.『まっ白な嘘』 フレドリック・ブラウン
  7.『アルバイト探偵 調毒師を捜せ』 大沢在昌

 7冊読了等。
 2021年最後の月の読了数は順調な数。
 終わりよければ全てよし! といたしますd(^^*)

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『閉鎖病棟』『リアル鬼ごっこ』『2022本格ミステリ・ベスト10』
 『2022年版このミステリーがすごい』『朝霧』『まっ白な嘘』
 『アルバイト探偵 調毒師を捜せ』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

1.は精神病棟の患者たちの日常生活で起きる出来事を患者目線で
描かれた長編。
事件は確かに起きるけれども推理&捜査的要素はほとんどなく、人
間ドラマとして楽しめました。文庫裏表紙梗概に引っ張られてしま
ったことをちょと後悔。
2.は刊行当時、ベストセラーとなった長編エンタメ。
思っていたより文章は読みやすく、小説の世界観とテーマの決め打
ち&絞込みで無駄(余韻)を排除したストーリーに違和感を感じる
ことなく楽しめました。でも、この世の全ての小説がこのテイスト
だと面白くないだろうなぁとしみじみ思ったり。
3と4は年末恒例ベストテン本。読了済のランクイン作品は当然な
し。今のところ積読順で17,8年前の文庫新刊を読んでるぐらいです
から…(;^_^。
5.は「円紫さんと私」シリーズで日常の謎系の短編集。どこがど
うと言えないけれど、作品の世界観や主人公の感情が、全ての文章
に内包されていて、すっごくしみじみします。安定の面白さ。
6.は海外SF・ミステリ・ショートショートの世界で著名な作家の
ミステリ系短編集。
これが元ネタ?「笑う肉屋」、あったかい気持ち「メリーゴーラウ
ンド」、最後一行の驚きと納得「闇の女」、トリッキー「カイン」
が楽しめました。
7.はバブル期の不良親子探偵が主人公の軽ハードボイルド短編集。
こういう世界なんだと飲み込んだら意外と面白く読めました。ぶっ
飛んだ設定も気にならず読み進められたのには我ながらビックリし
ましたが(;^_^。


2021年12月の購入本等

  1.『2022年版このミステリーがすごい』 「このミステリーがすごい!」編集部編
  2.『2022本格ミステリ・ベスト10』 探偵小説研究会編
  3.『この橋をわたって』 新井素子
  4.『影絵の街にて』 新井素子

 4冊購入等。
1&2は年末定番購入本。今年ってそんなに本格ミステリが豊作だ
ったんだ…。
3&4は、作家信頼買い。4は書店で手にしたとき、文庫にしては
お高めの価格だと知ってちょっとぐらつきましたが、文庫初収録・
未収録短編という言葉に負けて購入決断。

で、2021年のお勧め本(再掲)ですが、実は今年は「なし」となっ
てしまいました( ノД`)シクシク…。まぁこれはひとえに私の精神状況の
余裕のなさが原因だと思うのですが、このままでは何なので本でな
い「エンタメ」をひとつだけお勧め。


アニメ『宇宙(そら)よりも遠い場所』 通称:よりもい。全13話。
原作:よりもい。監督:いしづかあつこ。
シリーズ構成・脚本:花田十輝。音楽:藤澤慶昌。


正直、このアニメを初めて見たのが2021年だったかその前年だった
かすら、はっきりと覚えていないんですが…(;^_^。それでも「書き
たい」気持ちに嘘はつけないので、駄文を連ねることにします。

内容は、大なり小なり心に何かを抱えている10代女子4人が南極に
行き、それぞれの成長体験を経てちょっと成長して帰ってくるとい
う、恋愛要素とキャピキャピ感がほぼゼロながらそれがいっそ心地
よい、青春王道ドラマ。
よく使われる標語「友情・努力・勝利」になぞらえれば「意志・友
情・成長」といったところでしょうか。
以下、極力ネタバレとならないように魅力をだらだら書込み。

1.ストーリーが素晴らしい。
南極に行って成長して帰ってくるという全13話を通じた1つの骨
太なストーリーがありながら、各話完結方式でしかも各話の完成度
がメチャクチャ高い。その完成度の高さが、複数回の関連性や伏線
の妙も含めて全体ストーリーをさらに骨太にさせているという、こ
れ以上の相乗効果は目にしたことがないようなストーリです。
ミステリで「連作短編」の型がありますが、これほど「秀逸な各話」
で「骨太の長編」が構築された作品は見たことがありません。
各話の印象を一言にするならこんな感じでしょうか。 
1話:一歩前に踏み出す不安と決心
2話:他愛ないことの青春のワクワク感
3話:無意識の期待が実現した時の喜び
4話:南極に行く意義と夜の青春高揚感
5話:友情の形って決まりきった形だけじゃない
6話:意地の張り合いで良くなる関係
7話:一つにまとまる瞬間はやっぱり熱い
8話:無邪気さも青春
9話:達成した時の本音は人を揺さぶる
10話:友達のありかた 内部編
11話:友達のありかた 対外編
12話:一つだけじゃない友情の形と迎えなければならない通過儀礼の悲哀
13話:キング・オブ・大団円

2.各話の繋がりが見事
各話完結ですが、複数回が関連していることで全体ストーリーが骨
太になっています。
大きなところでいえば3話と10話。6話と11話。5話と13話。
2話と9話と12話。それに存在自体がストーリーの一つの武器と
もいえる「しゃくまんえん」に始まり、最強の伏線といえる「報瀬
のスマホ」や"そんなとこまで!"の「ピーラー」など含めると各話
全てが他の回と繋がっているようにも思えるほどの繋がりが、本当
に見事です。

3.コメディとシリアスのバランスが絶妙
「よりもい」がシリアスシーンだけだったら、恐らくここまでハマ
っていませんでした。私見ですがよりもいのベースはコメディだと
思っています。基本、全話がコメディベースと言ってもいいかもし
れません。あの12話ですら「美容室のかなえ」「どぼじよう…の
キマリ」「結月のジャンキー笑顔」等のコメディシーンがいくつも。
このコメディセンスがまた自分に良くあって、飽きることがありま
せんでした。ここまで笑いと感動が同居したストーリーは未体験で
した。

4。音楽が秀逸。
これまで音楽はまぁまぁ聴いてきたほうだと思うのですが、正直、
音楽で「心が救われた」「人生の想い出として心に残る」なんてこ
とはありませんでした。ところが「よりもい」の音楽と出会ったこ
とで、私もその仲間入りをすることになりました。
OP曲・挿入歌・ED曲・BGMと、よりもいで流れる音楽すべてが良い
メロディなんですけど、まず、ストーリー佳境のシーンでふと挿入
歌が流れだすタイミングが、本当に素晴らしい。私もネットでよく
目にする「パブロフの犬」状態で、目が自然とウルウルしてしまい
ます。挿入歌の選曲も本当にバッチリ。2周目3周目となると、ス
トーリーシーンに直接関係しないOP曲を聴いてもウルウルするぐら
い。我ながら一番驚いたのが、歌ですらないBGMを耳にして涙がこ
ぼれてしまったこと。12話の報瀬のモノローグのところで流れた
「大人からのYell」には、女子4人の素朴な仲の良さを描いたシー
ンとあいまって、報瀬に対し「本当に良かったね」と思わずにいら
れない感情を昂られて涙させられました。映像と音楽の合致がここ
まで見事な作品を他には知りません(そんなにアニメを見てるわけ
ではないのですが…(;^_^)

5.その他もろもろ
1)繰返し見ることで面白さが増していくのが素晴らしい。
2)主人公の女子4人以外の人物像も本当に素敵。特にめぐっちゃ
んの存在はお見事の一言。
3)声優の演技は良く判りませんが、素晴らしかったと思います。
全話通じてと12話後半(「くぅ〜」と報瀬への叫び)の水瀬さん。
12話後半(昭和基地以降)の花澤さん。
5話後半(キマリ自宅前)の金元さん。
13話後半(PC受取り前「言うようになったね」)の能登さん
この4人が個人的な最優秀演技賞。

最後に。
『宇宙よりも遠い場所』に対する私のワガママな願い事。
この作品を見たことがない「初見」の人は、ぜひ見てほしい。
「面白かった」ときっと思ってもらえると思うから…o(^◇^)o

そいでは!!
[121.82.124.38][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/96.0.4664.110 Safari/537.36]

2524. 2021年12月02日 13時14分27秒  投稿:SAMANA 

 早いものでもう師走の月になりました。いっそ一足飛びに5年後になっ
てくれないものか。そうなったら定年退職してるはずなのに…(爆)。

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2021年11月の読了本

  1.『悪魔の設計図』 横溝正史
  2.『アルバイト探偵』 大沢在昌
  3.『追込』 ディック・フランシス

 3冊読了等。
少なし。仕事辞めたら頑張って読書を楽しもう。まだまだ辞められそうに
ないけど( ノД`)シクシク…。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『悪魔の設計図』『追込』

・普通
 『アルバイト探偵』

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

『悪魔〜』は、金田一モノでなく由利モノ短編3作。
講談色の強い文体で内容も活劇物に近い感じ。その世界色を楽しめました
が本格ミステリだったらもっとよかったなぁ〜というのが本音。
『追込』は、競馬シリーズ長編15作目(だと思う)。
画家である一般人の主人公の危機に加えて意外な犯人と面白要素充分なは
ずなのに、そんなにのめり込めず。主人公にもっとピンチになってほしか
ったかも(;^_^。
『アルバイト〜』は、主人公の不良高校生ボーイがちょい悪でスーパーな
親父と共に探偵をつとめるライト(?)ボイルド。
バブル期の作品らしく、ノリがよく軽薄さすら感じさせる世界観。思わず
ダブル浅野の姿を探していました。これはこれで楽しいんですが、同じキ
ャラながらもう少し暗めの芯が別に一本通っているような世界であってほ
しかった。未読の長編作にちょっと期待。

2021年11月の購入本等

  1.『死だけが私の贈り物』 小泉喜美子
  2.『中野のお父さんは謎を解くか』 北村薫
  3.『落語魅捨理全集 坊主の愉しみ』 山口雅也
  4.『こうして誰もいなくなった』 有栖川有栖
  5.『ノースライト』 横山秀夫

 5冊購入等。 購入やぬを得ないメンツがほtぽんどなので、仕方ない。
 2.はミステリ系作品らしいし、前作の短編集も買っていたので購入。
他は全て定番作家信頼買い。収集してるわけではないけれど、初文庫化の
1が、やっぱり嬉しかったかな。

そいでは!!
[122.29.43.169][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/96.0.4664.45 Safari/537.36]

2523. 2021年11月03日 08時20分46秒  投稿:SAMANA 

 休日のみが生きがいの今日この頃、読書もその精神状態にそってボチ
ボチと進んでおります。ああもう、もっと晴れ晴れした気分で生活を過
ごしたい…(;^_^。

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2021年10月の読了本

  1.『ささら さや』 加納朋子
  2.『チェーン・レター』 折原一
  3.『怪盗ニックを盗め』 エドワード・D・ホック
  4.『人狼』 今野敏

 4冊読了等。
 もっと読了数がかせげそうなリーダビリティ高い顔ぶれなのに、結局
は4冊どまり。今年度に入っての精神状態と3の作風が合わなかったの
が大きな要因かと…(;^_^。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『ささら さや』『チェーン・レター』『怪盗ニックを盗め』『人狼』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

1.はゴーストファンタジー設定ミステリ連作短編集。
作品が進むにつれて主人公をとりまくキャラと世界観が固まり、面白く
なってきて、全ての作品でネタ&ドラマが楽しめましたがが、ネタまた
はドラマに突出したものが1話でもあってほしかったです。欲張りです
けど(*_ _)スミマセン
2.は発表当時は別名義でホラー小説としてだされた長編。
定期的かつ一定数の作品を継続刊行していた印象のある時期の折原作品
に感じていた「この行動・感情は不自然すぎひん?。説得力持たせる記
述してくれへんかなぁ。放置しないで」という印象は今作でも変わらず。
残念。
3。は価値のないものしか盗まない怪盗の海外モノ短編集。
こちらはネタで、突出作があったりよく理解できない作があったりと、
バラツキのある印象。「価値のないものしか盗まない」という難しい設
定で、各話平均以上・突出1〜2作の出来を望むのも無茶な話だとは思
うのですが…(;^_^。
4.は街の悪を痛めつける"人狼"を探し出す感情系アクションエンタメ。
今月読了作の中で1番リーダビリティ高く、スイスイ読み進めました。
今野敏作品はどの作品も安定したレベルの印象。
今作は、ページ数を増やしてでもストーリーにもう少しミステリ要素と
各所の小ドラマ掘下げを盛り込んでほしかったところ。


2021年10月の購入本等

  1.『ドッペルゲンガーの銃』 倉知淳
  2.『焼跡の二十面相』 辻 真先

 2冊購入等。
 お財布に優しい冊数で良かったですσ(゚ー^*)

 1.は定番作家信頼買い。でも、内容覚えてる作品がほとんどないと
いうていたらく。世評の高い『星降り山荘の殺人』すら"長編"というこ
としか記憶にありません(;^_^。
 2.はネット書き込みで存在を知って購入。こちらも中身は忘却の彼
方なので、本家乱歩の少年探偵団シリーズを再読すればいいのかもしれ
ませんが、まぁソコはソレということで…(゚ペ)ソコハソレ?
 ちなみに本家では『怪奇四十面相』が好き。

そいでは!!
[182.164.100.234][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/95.0.4638.54 Safari/537.36]

2522. 2021年10月03日 12時17分16秒  投稿:SAMANA 

 緊急事態宣言が解除されて人の動きがかなり多くなってきた印象。でも
また人間って懲りないから酒食・旅行・移動の大密集とか、はたまた新た
な変異種発生とかで、感染者急増するに違いない…と思ってしまうのはネ
ガティブすぎ?(;^_^。

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2021年9月の読了本

  1.『新・本格推理 04 赤い館の怪人物』 二階堂黎人 編
  2.『湯布院の奇妙な下宿屋』 司凍季
  3.『スリーピング・マーダー』 アガサ・クリスティ
  4.『龍の議定書』 多島斗志之

 4冊読了等。
 読書ペースとしてはまぁまぁだけど、今月は買いすぎてしまったから
なぁ…┐(´〜`)┌ ヤレヤレ

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『新・本格推理 04 赤い館の怪人物』『スリーピング・マーダー』
 『龍の議定書』

・普通
 『湯布院の奇妙な下宿屋』

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

1.は短編本格ミステリ公募企画での当選作短編集。先月読んだのに手
元に本がないと、どんな作品があったか全く覚えていない(;^_^。1作を
除いてそこそこ楽しめたけど突出作がなかった印象。
2.は名探偵の一尺屋遥が登場する長編。細かい事件の構図(手がかり?)
が複雑で邪魔くさく、本格風驚かし系ネタも面白く感じず。やはりこの作者
とはあわないです。
3.はミス・マープルものの長編。作中で描かれる容疑者たちの人間観に
マープルの推理のもととなる思想・洞察力が楽しめました。ただ、犯人と
する決め手が乏しかった=誰が犯人でも成立できたような気がするのは、
私の見落とし(;^_^?
4.は日本最大広告会社による中国台湾友好イベントの動きを主軸とした
謀略小説。この作者らしい豊富な情報量と緻密な構成でかなり楽しめたの
ですが、ページが増えてもいいからいくつかのエピソードをもっと深く書
き込んでほしかったのと、あの団体にどうしても都市伝説的イメージしか
持てなくて乗り切れなかったのが残念。


2021年9月の購入本等

  1.『沈黙のパレ―ド』 東野圭吾
  2.『自由研究には向かない殺人』 ホリー・ジャクソン
  3.『絶望スクール 池袋ウエストゲートパークXV』 石田衣良
  4.『ヨルガオ殺人事件〈上〉』 アンソニー・ホロヴィッツ
  5.『ヨルガオ殺人事件〈下〉』 アンソニー・ホロヴィッツ
  6.『medium 霊媒探偵城塚翡翠』 相沢沙呼
  7.『ゆっくり十まで』 新井素子
  8.『怪異筆録者』 太田忠司

 8冊購入等。
 本当なら5冊で終わってるはずなのに…バカタレ!( -_-)ノビシ*)゚O゚) 。
 でも実はあまり後悔してなかったりします( ̄∇ ̄)エヘヘ。

1・3・7・8は定番作家信頼買い。6は以前のランキング本の影響。文
庫化したら絶対に買おうと思ってました。でも忘れそうだったのでその時
にデビュー作だけ買っておきました。
問題は2・4・5。本来なら年末ランキング本からピックアップして、数
少ない海外ミステリ文庫の年明け購入のパターンになるだろう本なんです
が、ツィッターで「面白い」という情報がどんどん入ってきて、心が動か
されてしまいました。購入数を抑えたい私みたいな人間からすると、ツイ
ッターって実は弊害でしかないかもしれない……って、嘘です。ごめんな
さい。皆様、どんどん面白い本の情報を発信してください<(_ _)>。

そいでは!!
[182.166.195.56][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/94.0.4606.61 Safari/537.36]

2521. 2021年09月02日 10時18分38秒  投稿:SAMANA 

 新型コロナ騒動発生から約1年半? ずっと思い通りにいかない
状態で、楽しいと思うことが本当に少なくなったと実感中。何とか
楽しいことを1つでも見つけていかないと、もう心身がもたないレ
ベルかも…(ノД`)ハア・・・。

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2021年8月の読了本

  1.『マーチン・ヒューイット【完全版】』 アーサー・モリスン
  2.『夏休みルーム』 はやみねかおる
  3.『怪盗クイーン 煉獄金貨と失われた城』 はやみねかおる
  4.『都会のトム&ソーヤ 18 未来からの挑戦』 はやみねかおる

 4冊読了等。
 冊数的にはまずまず。それにしても1の読了には本当に時間がかかっ
たなぁ…(-д-;)。


極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『マーチン・ヒューイット【完全版】』『夏休みルーム』
 『怪盗クイーン 煉獄金貨と失われた城』
 『都会のトム&ソーヤ 18 未来からの挑戦』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

1.は海外古典ミステリ短編シリーズの完全所収編集本。冒頭1作目
「レントン農園盗難事件」がやっぱりマイベスト。名作。ただ、この
マイベストに迫る出来の短編があと2、3作は欲しかったというのが
正直な感想。この時代(110年以上前)に連作短編的構成が編み出され
ていたことにはちょと驚き。
2.3.4は、はやみねかおる作家デビュー30年を超えた今年に、シ
リーズ作の実写化・アニメ製作発表とイベント続きの一環?として7
月に一度に刊行された新作3冊。3作とも各シリーズの持ち味が生か
された安定の出来。特に『夏休み〜』は、あの1ネタに気づけなかっ
たら、ネタが明かされた時の衝撃は結構大きいだろうなと思ったり。


2021年8月の購入本等

  1.『カナダ金貨の謎』 有栖川有栖

 1冊購入等。
 今月はガマンして定番作家信頼買いの1冊のみ。
ヤッタネ!v(≧∇≦)vブイッ♪でも、最近ツイッターをやりだして、そう
なると新刊ミステリ書き込みを目にする機会も多くなり、買おうか買う
まいか考えることが増えてきました(特に海外ミステリ)。これは来月
あたりヤバいことになるかもしれません…(;^_^。

そいでは!!
[182.166.195.56][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/92.0.4515.159 Safari/537.36]

2520. 2021年08月05日 08時10分59秒  投稿:SAMANA 
 あちぃ〜あちぃ〜。口から出る言葉は「あちぃ〜」しか出てきません。なので
とっとと進めますです(-ω-;)アチィー。

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2021年7月の読了本

 0冊読了等。
 ………やっちゃいました……ハァ━(-д-;)━ァ...
 今も読書中の本が4冊の短編集を1冊に集約したかなりのボリューム本である
ことに加え、くそったれコロナのせいでいつも以上に仕事がバタバタしたため結
局、月内に読了出来ず。はい。もちろん言い訳 of 言い訳です(;^_^。


2021年7月の購入本等

  1.『夏休みルーム』 はやみねかおる
  2.『怪盗クイーン 煉獄金貨と失われた城』 はやみねかおる
  3.『都会のトム&ソーヤ 18 未来からの挑戦』 はやみねかおる
  4.『わたしの本の空白は』 近藤史恵
  5.『蒼海館の殺人』 阿津川辰海

 5冊購入等。
1〜4は作家信頼買い。5は同作者の2020本格ミステリ3位『紅蓮館の殺人』よ
り面白いとのネット評判を目にして購入決定。
1〜3の刊行連発は驚きました。作家デビュー30周年企画と思われる『都会のト
ム&ソーヤ』の実写映画&ドラマ完成、『怪盗クィーン』のアニメ化発表、サイ
ン会など各種イベント企画実施などとあわせたんでしょうけれど…。前月からの
はやみね作品&関連作品刊行は以下のとおり。

2021/6/ 1『都会のトム&ソーヤ ゲーム・ブック ぼくたちの映画祭』
2021/6/23『都会のトム&ソーヤ 最強ガイド』※監修位置づけ?
2021/7/ 7『夏休みルーム』
2021/7/13『怪盗クイーン 煉獄金貨と失われた城』
2021/7/14『都会のトム&ソーヤ 映画ノベライズ』※監修位置づけ?
2021/7/28『都会のトム&ソーヤ(18) 《未来からの挑戦》』
2021/7/29『都会のトム&ソーヤ ドラマノベライズぼくらの砦』※監修位置づけ?

2か月で4新作刊行って、たぶんとんでもないこと。はやみねさんがまだ生き長
らえていられるのが不思議ながらもとっても嬉しいです.
オメデトゴザイマス〜(^0^)∠※PAN!。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・:*

そいでは!!
[182.166.195.56][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/92.0.4515.131 Safari/537.36]

2519. 2021年07月01日 14時26分56秒  投稿:SAMANA 

 夏のボーナスが出たものの家族で外食する機会がなかなか出来ないので
本塩津、ランチ焼肉食べ放題を"ほんとーにやむをえず@ぼうよみ"一人
で堪能。久々の焼肉は美味しかったです。たまにはこんなご褒美も必要で
すよね? ね? ね?<何にビビッてる?

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2021年6月の読了本

  1.『催眠』 松岡圭祐
  2.『転倒』 ディック・フランシス
  3.『都会のトム&ソーヤ ゲーム・ブック ぼくたちの映画祭』 はやみねかおる
  4.『永遠の森 博物館惑星』 菅浩江
  5.『都会のトム&ソーヤ 最強ガイド』 はやみねかおる
 別枠.『あの日の恋をかなえるために僕は過去を旅する』 西澤保彦

 6冊読了等。
 別枠『あの日の〜』は、未読と思って作家信頼買いした後に既読作
『異邦人』であることが判明。原題の影も形もあらへんがな…。事前
に出版元ネット情報をみたけど改題の記載はなかったように記憶。出
版元だったら改題の有無ぐらいは記載しておいてほしい。あらすじは
書いてたけど、そこまで覚えてないっす…<なら読めよ。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『催眠』『転倒』『都会のトム&ソーヤ ゲーム・ブック ぼくたちの映画祭』
 『永遠の森 博物館惑星』『都会のトム&ソーヤ 最強ガイド』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

□別枠
 『あの日の恋をかなえるために僕は過去を旅する』

『催眠』はベストセラー作家のデビュー作。心理カウンセラーもので
すが、各キャラとそれぞれに関係する者が多すぎて、各キャラの魅力
が浅く感じられたのが残念。だからシリーズものになったのかもしれ
ませんが。もっと濃密さが欲しかったです。
『転倒』は競馬シリーズ長編13作目。とあるキャラがもう少し印象深
くあってほしかった&すごく惜しい、というのが本音。残念。
『都会の〜』2冊はともに企画モノ関係。ゲームブックは読み進める
のが本当にしんどかったです。はじめて自分で暗号も解いたかもしれ
ない…(;^_^。
『永遠の森〜』は、芸術を扱ったヒューマンSF短編集。それぞれ楽し
めたんですが、ガサツな私に強烈な感動を与えてくれるまではいかず。
私には繊細すぎた作品群だったのかもしれません<(_ _)>。


2021年6月の購入本等

  1.『都会のトム&ソーヤ ゲーム・ブック ぼくたちの映画祭』 はやみねかおる
  2.『作家の人たち』 倉知淳
  3.『本と鍵の季節』 米澤穂信
  4.『マーチン・ヒューイット【完全版】』 アーサー・モリスン
  5.『都会のトム&ソーヤ 最強ガイド』 はやみねかおる

 5冊購入等。
1と5は、前述の通り。6月2冊刊行されたのに、7月にはまちトム
新作に加え怪盗クィーンの新刊も出るらしいです。どんだけ激務だっ
たんだろう…(  ̄- ̄)トオイメ
2と3は、作家信頼買い。2は非ミステリっぽいので悩みましたが、
筒井康隆『大いなる助走』っぽいテーマのようなので購入することに。
今月一番の目玉は4の海外古典ミステリ。タイトルの"マーチン・ヒュ
ーイット"は探偵の名前で、そのシリーズ短編作が今回、4に全て所収
されたと知って即購入を決断。正直、価格を見たときは少し躊躇しまし
たが結局は購入。短編集4冊分のボリュームなので、たぶん7月中には
読了出来なさそう。でもいいや(≧∇≦)ノ。


そいでは!!
[182.166.195.56][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/91.0.4472.114 Safari/537.36]

2518. 2021年06月02日 21時13分35秒  投稿:SAMANA 

 今年度、仕事に関してネガティブなことしか浮かばない環境になって
しまったのが本当にツラい。そのため読書意欲も減退。絶賛、悪循環モ
ード中。何とか読書でポジティブにならないものか…(_ _|||)。

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2021年5月の読了本

  1.『遙かなり神々の座』 谷甲州
  2.『真夜中の詩人』 笹沢左保

 2冊読了等。
今月は「この冊数で充分」と思うほど仕事の負担大。ああホントに腹の
立つ…( ノД`)シクシク…。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『遙かなり神々の座』『真夜中の詩人』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

1.はヒマラヤ山脈を舞台に近隣諸国情勢をからませた山岳冒険小説。
核となる難関登山冒険部分は迫真の描写で楽しめたんですが、舞台の土
地勘&社会情勢の読み手の完全無知さのせいで今ひとつ興に乗り切れな
かったのと、主人公の恋人の扱い方・描き方にけっこうな不満が残って
しまいました。
2.は昭和40年代に書かれた誘拐ミステリ。
ミステリネタ的に今でも充分に楽しめたのは、本作のミステリとしての
質が本当に高いからなのか、はたまた私の感覚が古いせいなのか、判断
しづらいところ(;^_^。ただ、新聞小説だからかもしれませんが全体的に
少し冗長に感じたところが残念。もっと短く・密度濃く書かれていたら
確実に「とても楽しめた」レベルだったので本当に残念…。

2021年5月の購入本等

  1.『昨日がなければ明日もない』 宮部みゆき
  2.『目撃』西村健
  3.『あの日の恋をかなえるために僕は過去を旅する』西澤保彦

 3冊購入等。
 3冊とも定番作家信頼買い。本当は西澤作品をもう1冊購入予定でし
たが、直前に購入済作品の別会社新刊行版と判明したので購入せず。タ
イトル変更されてなかったので気づくことができ、こんな時は購入本リ
ストつけていて良かったなぁと思います。購入前はリストチェックする
ようもっと意識づけして無駄な出費を抑えるようにしないと…。

とりあえず最後の最後は笑って終わっておこう…o(^▽^)o

そいでは!!
[182.166.202.245][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/90.0.4430.212 Safari/537.36]

2517. 2021年05月04日 14時59分19秒  投稿:SAMANA 
 あまりにもコロナの期間が長すぎるし、ワクチン接種の話はあるけ
れど感染力の強い変異種なんかもでてきてる(ワクチン効くのか?)
ので、今日はじめて「ひょっとすると人類はこのまま滅亡するんちゃ
うか?」との考えが頭をよぎりました。こうなったら一刻も早くコロ
ナを殺せる完全犯罪者を探さないと… キョロ(゚Д゚;≡;゚Д゚)キョロ

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2021年4月の読了本

  1.『海泡』 樋口有介
  2.『冬休みの誘拐、夏休みの殺人』 西村京太郎
  3.『煙幕』 ディック・フランシス

 3冊読了等。
 予想以上に読了数が少なくてガッカリ。4冊目が厚くて月内に読み
きれなかったのもあるけれど、一番の原因はやっぱり仕事のバタつき。
新型コロナにはもう心底ウンザリです( ノД`)シクシク…。


極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『冬休みの誘拐、夏休みの殺人』『煙幕』

・普通
 『海泡』

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

1.は離島を舞台にした青春ミステリ。
ミステリとしての骨格はきっちりしてると思いますが、樋口ミステリ
に多い女性にモテモテの斜に構えた青年主人公に馴染めず。主人公に
全然自覚はないんだろうけど、私からすればどうしてこんなに「ええ
かっこしい」なんだろうと思わずにいられません(*`3´)。
2.は中編3作が入ったジュブナイルミステリ。
それぞれジュブナイルとしてハラハラするような話で楽しめました。
ただ、ジュブナイルだからという訳ではないんでしょうけどネタ・展
開・見せ方などに何というか「緩み」が感じられて各作とも散漫な印
象が残りました。
3.はお馴染みフランシスの競馬シリーズ長編。
今作の主人公は映画スターですが、耐え忍ぶ姿・ストイックさ・騎士
道精神はいつもより強めに感じて良かったんですが、ストーリーに競
馬があまり関わってなくて中途半端な印象になったこと、映画界の事
情が実感できなかったこと、また作者が描きたかったと思われる「金
鉱」の世界にも興味が持てなかったのが残念でした。


2021年4月の購入本等

  1.『麻倉玲一は信頼できない語り手』 太田忠司
  2.『アンデッドガール・マーダーファルス 3』 青崎有吾

 2冊購入等。
 2冊とも作家信頼買い。青崎有吾に関してはネット評判だけでまだ
1作も読んでないのに、これでもう8冊目…(;^_^(;^_^(;^_^。

そいでは!!
[182.166.198.141][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/90.0.4430.93 Safari/537.36]

2516. 2021年04月01日 11時34分20秒  投稿:SAMANA 

 ただいま、冬タイヤ交換の待ち時間を使ってセコセコ書き込みして
います。待ち時間1.5〜2時間はつらいなぁ。しかもそこから作業開始
なので、結局は2〜2.5時間ほど時間をつぶすことに。
 まぁ書き込み作業が全終了できれば、それはそれで有意義な時間で
はあるんですけどね…( ̄ヘ ̄)モノハカンガエヨウ?

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2021年3月の読了本

  1.『シーザーの埋葬』 レックス・スタウト
  2.『ふつうの学校 2 −ブラジャー盗難事件−』 蘇部健一
  3.『明日も元気にいきましょう』 新井素子
  4.『アキハバラ』 今野敏
  5.『ママ、嘘を見抜く』 ジェイムズ・ヤッフェ
  6.『レンテン・ローズ 囁く百合』 太田忠司
  7.『都会のトム&ソーヤ 17 逆立ちするライオン』 はやみねかおる

 7冊読了等。
 すんごく調子が良くてホクホク〜o(゚▽゚o)(o゚▽゚)o
 海外物含めて読みやすい作品が多かったのが幸いしました。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『シーザーの埋葬』『ふつうの学校 2』『明日も元気にいきましょう』
 『アキハバラ』『ママ、嘘を見抜く』『レンテン・ローズ 囁く百合』
 『都会のトム&ソーヤ17』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

 読みやすかったからか全作が「〇楽しめた」になっちゃった…。この分
類に意味があるのか? と思わず自問自答しましたが、まぁいいか。深く
考えないでおこう♪ との結果に「落ち着かせる」ことにしました(;^_^。
『明日も〜』はエッセイなので新井素子文体の魅力が特に際立ち。なぜか
しら「やっぱりいいなぁ」と思ってしまう。元祖「癒し」か。
 他はやはりキャラ魅力で大なり小なり楽しめた感じ。『ママ〜』の主人
公は、前に読んだ時はもっと鼻につく性格だったと思うんだけれど、今作
ではさほど感じず。『シーザー〜』のネロ・ウルフと比べたら誰でも性格
いいように思えるけれど(^▽^)エヘヘ。

2021年3月の購入本等

  1.『名古屋駅西 喫茶ユトリロ 龍くんは食べながら謎を解く』 太田忠司
  2.『魔力の胎動』 東野圭吾
  3.『都会のトム&ソーヤ 17 逆立ちするライオン』 はやみねかおる

 3冊購入等。
 最初は1と2のみ購入予定でしたが、2を買いに行った書店で3がで
ているのを知って即購入。危うく見逃すところでした(;^_^。
 ちなみに太田積読が40冊。東野積読が42冊で、この2作家だけで読む
のに1年以上かかる冊数。頑張って読書にはげもうっと<ホントか?

そいでは!!
[122.29.43.187][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/89.0.4389.114 Safari/537.36]

2515. 2021年03月03日 13時54分58秒  投稿:SAMANA 

 朝晩の温度差が激しく、仕事の内容&煩雑度が激しく、精神の揺れ動
きが激しく、激しい×3のかなりお疲れモードのため、休みが嬉しくて
なりません。正直、普段はちょっとめんどくささを感じるこの書き込み
も、パソコン打つのがちょっと楽しかったり…(;^_^ゞポリポリ

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2021年2月の読了本

  1.『真田十勇士 巻の一』 笹沢左保
  2.『真田十勇士 巻の二』 笹沢左保
  3.『真田十勇士 巻の三』 笹沢左保
  4.『真田十勇士 巻の四』 笹沢左保
  5.『真田十勇士 巻の五』 笹沢左保

 5冊読了等。
 結局、2月読書はまるまる1作品につぎ込んだことになりました。
しかもミステリじゃないし……(;^_^。

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『真田十勇士 巻の一〜五』

・普通
 なし

△あまり楽しめなかった
 なし

×楽しめなかった
 なし

 『真田十勇士』は、真田幸村が徳川家康との戦いに備え、猿飛佐助に
勇士を集めるべく命じて十勇士が出そろい、家康と実際に相まみえる大
坂冬の陣・夏の陣の戦いを描いた時代伝記小説。
 忍術その他に関して理屈がつかないところを何かしらの理屈で可能な
ように説明づけるところは、ミステリ作家の笹沢左保らしいと感じ、数
多くの武将の石高を一行ずつ記載するというページ稼ぎとしか思えない
書き方を何回も多用しているところは、超人気=超多忙作家の笹沢左保
らしいと勘繰ってしまいました(;^_^。

2021年2月の購入本等

  1.『豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件』 倉知淳
  2.『鳥居の密室 世界にただひとりのサンタクロース』 島田荘司
  番外.『名探偵、初心者ですが 舞田ひとみの推理ノート』 歌野晶午

 2冊購入等。
 1&2は作家信頼買いで問題なし。問題は番外本(*`3´)。
 舞田ひとみシリーズ所有本とタイトルダブりでない事を確認し、発行元
HPで既刊本改題といった意味の記載がないことを確認し、実際の文庫本の
後方ページにも改題明示文章がないことを確認してから購入したのに、既
刊改題本でした……( ノД`)シクシク…。
 今見ると、発行元HPで既刊本改題の文章がありました。でも私が見たと
きには無かったように思うんだけどなぁ…(-_-*;ナンデ?

そいでは!!
[182.166.198.141][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/88.0.4324.190 Safari/537.36]

2514. 2021年02月04日 09時32分15秒  投稿:SAMANA 
 やっと1月が終わりました。原因不明ながら既に2〜3ヶ月は経って
いるような感覚。この濃密度感覚がもしずっと続いたとすると、年末に
は既に廃人になっているような気がしたり…(-ω-;)ウーン。
 この状況を救い出してくれそうなのは、アニメをほとんど見ない私が
超どハマリした、見れば号泣必至のアニメ『宇宙よりも遠い場所』だけ
になりそうな予感…(;^_^。

 さてさて。それでは積読本状況詳細報告。

2021年1月の読了本

  1.『八号古墳に消えて』 黒川博行
  2.『絶叫城殺人事件』 有栖川有栖
  3.『百万に一つの偶然 迷宮課事件簿[]』 ロイ・ヴィガーズ
  4.『少女ティック 下弦の月は謎を照らす』 千澤のり子
  5.『美濃路殺人悲愁 私法廷の殺人者』 石川真介

 5冊読了等。2021年の読了ペースは出足好調でした♪(゚▽^*)ノ⌒☆

極私的超アバウト評価

◎とても楽しめた
 なし

○楽しめた
 『八号古墳に消えて』『絶叫城殺人事件』

・普通
 『百万に一つの偶然 迷宮課事件簿[]』『少女ティック 下弦の月は謎を照らす』

△あまり楽しめなかった
 『美濃路殺人悲愁 私法廷の殺人者』

×楽しめなかった
 なし

 『八号〜』は、刑事クロ・マメコンビのシリーズもの長編。漫才系関西人
気質満載のコテコテコンビが中心に大阪府警の捜査仕事っぷりを間近でみる
かのようなリアル度満点の展開に加え、ミステリネタもしっかり入れ込まれ
た、いつも通りのシリーズ作の出来栄えで安定感抜群。ネタが「驚き」レベ
ルだったら「お勧め」だったんですが、これはあまりにも欲張りすぎ(;^_^?
 『絶叫城〜』は、火村シリーズ短編集。本格ミステリ度高めでこちらもい
つも通りのシリーズ出来栄え(ネタを効果的かつ信ぴょう性を高めるための
ミステリ小説的工夫がされている)で安定。各話とも好印象の良作でした。
 『百万〜』は、シリーズものの倒叙ミステリ短編集。作者の文章表現のク
セ?がとにかく読みづらくて難儀。ネタは面白いのもありましたが、文章表
現についていけずにネタの内容すら理解できなかった作品もあって残念。
 『少女ティック〜』は、女子小学生が主人公のミステリ短編集。こちらは
逆に文章表現の魅力が感じられず、ネタは(ほぼ?)理解できるものの面白
さが中途半端になってしまったのが勿体なく感じてました。地の文にもう少
し読み手の感情を微動させるような表現が欲しかったかも。
 『美濃路〜』は、シリーズもの長編。登場人物たちのとる行動が個人的に
は不自然極まりないもので全く理解できず、(悪い意味での)ドタバタ・フ
ァンタジー・ミステリとしか言いようがありません。正直、気分が萎えまし
た( ノД`)シクシク…。

2021年1月の購入本等

  1.『ミダスの河 名探偵・浅見光彦VS.天才・天地龍之介』 柄刀一
  2.『インフルエンス』 近藤史恵
  3.『風神の手』 道尾秀介
  4.『流星のソード 名探偵・浅見光彦VS.天才・天地龍之介』 柄刀一
  5.『少女ティック 下弦の月は謎を照らす』 千澤のり子
  6.『深夜の博覧会 昭和12年の探偵小説』 辻真先

 6冊購入等。
1.は作家信頼買いで12月刊行ながら買いそびれたので2ヶ月連続刊行
の4.と別々ながら今月に購入。しかし柄刀一 作品が同一出版社から2ヶ
月連続刊行とは…。恐るべし浅見光彦(;^_^。
2.は、作家信頼買い。
3.はネット評判買い。
5.は、年末恒例各種ランキング企画本に触発され、評判作の関係作品と
思われたので購入。
6.はネット知人の作品で文庫でないながら珍しく購入。

そいでは!!
[182.166.198.141][Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/88.0.4324.104 Safari/537.36]

   21〜40件(保存数250件) 

[NAGAYA v3.13/N90201]