黒猫荘
「黒猫荘」は、利用者同士の交流を大切にした、長屋形式の掲示板です。
「入居者リスト」をクリックして、他の部屋にも訪問して見て下さい。
新規入居者 大募集中!!(満室の場合は管理人にご相談下さい)

掲示板スパムで、ご迷惑をおかけし申し訳有りません。

ただいま、掲示板スパム対策として、スクリプトを改造中です。
詳しくは、1号室をご覧下さい。

 [黒猫荘の入口]
 [入居者リスト]
[057号]
[059号]
[最新発言の一覧]
[掲示板の使い方]
大家のHPにも遊びに来て下さい
|小林文庫|掲示板|推理小説ノート|

[mobile対応版 黒猫荘]

詩的私的ファン
PLMS : mys058  
オーナー:あきら 
本格ミステリーが大好き!なあなた!是非遊びに来てください。大好きな作家さん、森博嗣、京極夏彦、小野不由美、綾辻行人、篠田真由美、田中芳樹、栗本薫、恩田陸、茅田砂胡、ひかわ玲子、藤木稟、などなど・・・ちなみに、漫画、小説、雑誌、テレビ等気になった事はなんでも書いていこうと思ってます(^V^)v
  Page14 / 14  Top | Bottom 
   131〜139件(保存数139件) 
[HomePage]   ▼ 投稿する ▼ 削除する ▼ 管理用  


9. 2002年06月27日 14時17分37秒  投稿:ないとー 
 [http://www43.tok2.com/home/schizophonic/]
ないとーです。

栗本薫は最近は読んでないんですが、昔大好きでした。
僕は伊集院も好きですが、どちらかというと薫くん派でして、
久々に共演した『怒りを込めて振りかえれ』が出た時は、
速攻で飛びついてたりしました。
伊集院ものは、『天狼星』は途中までしか読んでないですが、
最近のでは『伊集院大介の帰還』が思わぬ拾い物という感じでした。

>「悪霊」シリーズ
古本屋ではもともと見つけるのが困難なシリーズですが、
最近、あんまり本屋では見かけないような気がしますね。
以前はすごい勢いで増刷してたけど。
僕は買ってはあるものの読むほうがおっついてないです。
[210.165.145.248][Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

8. 2002年06月27日 10時00分14秒  投稿:あきら 
 きっしーさん書き込みありがとう(^0^)

森さんの限定本があったことを今知りました。きずいていたら、買っていたでしょうね。知りませんでした。

「黒祀の島」は小野さんの作品ですよ。私も読みました。見事に本格ですね。とても読みやすくて、はらはらさせるストーリーもいい感じでした。

小野さんのは作品は他に、「ゴースト・ハント」(渋谷サイキックリサーチ)シリーズがありますが、こちらは、全然書店になくて、「悪霊の棲む家」上下しか読んだことがないんですが、まだまだ、このシリーズが出ているらしいという噂があります。
欲しいんですが、手に入らない。

ゾディアックも是非読んでみてください。
[219.164.22.131][Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]

7. 2002年06月27日 00時40分24秒  投稿:きっし〜 
こんばんは!
51号室きっし〜です。
森博嗣氏のファンだということは、ピンバッジ入りの限定の本?も
購入されたのでしょうか?
天狼星は文庫になっているものは全部読んだはずです。だから、あとは
ゾディアックだけでしょうか。でもこの人の作品はどこまで続くのやら。。。
魔界水滸伝にしてもグインにしても、ついていけませんです。
天狼星はとりあえず、一つ一つで完結してはいるようですが、気は抜けませんね。

ところで「黒祠の島」って小野不由美さんでしたっけ?だったらこれだけは
読みました。シチュエーションも好みだし、面白かった覚えがあります。
ではでは。
[210.230.106.118][Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]

6. 2002年06月26日 17時41分45秒  投稿:あきら 
かなり前になりますが、小野不由美さんの「屍鬼」を再読しました。
この本は、何度読んでも面白い。完璧な本ですね。
お寺の若御院と、医者の友人、村人まで巻き込んでの、物語のスケールのでかさに驚いた一冊。
ラストも見事に決まっている。
これは読まなきゃ損!でも、高い。しかも、分厚い。

もう一冊。栗本薫先生の「天狼星」シリーズですね。こちらはあまり知られていないかもしれないけど、最高の一冊です。
名探偵、伊集院大介のもとに、モデル田宮怜から事件を解決してほしいと依頼がくる。モデル仲間が次々と殺されているのだ。しかも、生きたまま切り刻まれて。

この作品は、飛鳥京介こと「シリウス」と伊集院大介の出発点ともいえる作品だ。
これは、シリーズになっていて、他に
1 天狼星
2 天狼星
3 天狼星掘…海諒
4 天狼星 ゾディアック1〜6

まで出ている。
名探偵伊集院シリーズとしては他にも
 
 絃の聖域 上下
 鬼面の研究
 猫目石 上下
 伊集院大介の冒険
 伊集院大介の私生活
 伊集院大介の新冒険
 仮面舞踏会 
 伊集院大介の帰還
 魔女のソナタ
 伊集院大介の洞察
 タナトス・ゲーム 伊集院大介の世紀末
 青の時代 伊集院大介の薔薇
 早春の少年 伊集院大介の誕生

などが出ている。いずれも、講談社から出ている。栗本薫先生は「グイン・サーガ」シリーズとして、有名だけれど、私はこの作品をお勧めします。どれも、本当に面白い作品だ。
天狼星に関しては、ハードカバー本の方が雰囲気が出ていてお勧めするが、これはもう古本屋でもないと、手に入れれないんじゃないかと思う。
イラストを天野喜孝さんがしていて、すごくかっこいい表紙になっている。

 
 

[218.47.151.36][Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]

5. 2002年06月26日 00時28分29秒  投稿:あきら 
務快幹成さん、コメントありがとうございました。
最初に読んだミステリーが森さんとは幸運ですね。最初に読んだ作家さんによって、のちのちのミステリーへの傾向とかは決まっていくと私は思います。

私が最初に読んだミステリー作家は、綾辻行人さんの「十角館の殺人」でした。この作品も呼んで、かなり衝撃を受けました。この世にこんなに面白い本があるのかと感動しました。
偶然、古本屋で、タイトルに目が行って、買って読んだのがきっかけでしたね。それからは、もう本格一筋ですね。綾辻さんの作品をまず、全部読んで、それから、京都大ミステリー研の作家さんの作品を色々読みました。

ミステリー関係の雑誌も読むようになりましたね。「ダ・ヴィンチ」とか、「このミステリーがすごい!」とか、「本の雑誌」とかもいいですね。

この前、タイトルに引かれて買った本が岩崎るりは先生の「銀猫堂奇憚 水琴館の殺人」なんですけど、これは猫好きのために書かれた本ですね。とても、面白く読めました。

では、また投稿待ってます!
[218.47.114.148][Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]

4. 2002年06月25日 15時32分05秒  投稿:務快幹成 
 [http://kobayashi-shun.hoops.ne.jp/]
初めまして!
務快と申すものです…黒猫荘住人ではないですが、頻繁に出入り中です。

入居者さんの一覧を見て、名前からして「森先生だ!」とお邪魔してしまいました。
私がミステリー読み出したのがちょうど1年くらい前で、最初に読んだのが森先生「すべてがFになる」だったのです。あのときに衝撃は忘れられなくて、今では一番好きなミステリーになりましたね。そして私も「詩的私的ジャック」は大好きですよ〜。犀川先生の「英語で〜」とかの言葉にとっても感動した人物です。

本を置く場所と金銭面で(情けない…)Vシリーズ以降は図書館に頼ってて、まだ「朽ちる散る落ちる」読んでないんです〜。楽しみは先に取っておく、と言うことで♪
長々と失礼しました!では。
[218.131.20.104][Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]

3. 2002年06月25日 02時56分42秒  投稿:ないとー 
 [http://www43.tok2.com/home/schizophonic/]
はじめまして、44号室のないとーです。

森というと、僕は『六人の超音波学者』までは、ほぼ読んでたものの、
最近はちょっと追っつかなくなってますが、犀川シリーズが刊行され
ていた頃は、発売日に買っては熱心に読んでました。
ラヴコメとしても愛読してましたね。

特に好きなのは『幻惑の死と使徒』です。トリックがエレガントだったので。

ではでは、これからもよろしく。
[210.165.150.11][Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]

2. 2002年06月25日 01時35分10秒  投稿:きっし〜 
はじめまして。51号室のきっし〜といいます。
よろしくお願いします。最近はあまりここの掲示板に顔を出していないワタクシめが
申し上げるのも何ですが、やはり継続は力なり!続けることが一番ですので、
頑張ってください。
森氏の作品は文庫化してからしか読んでいませんが好きです。当然S&Mシリーズしか
読んでいないわけですが、「笑わない数学者」では必死で数学的問題に頭をひねりました。
ビリヤード球の問題には仕事時間も考えながら一日がかりとなってしまいました。
あと、「今はもうない」もノスタルジーを感じたというか、セピア色な作品で好きです。
綾辻氏と篠田嬢の作品も文庫ではそれなりに読んでいますが、綾辻夫人のものは未読です。
何がお薦めでしょうか?
では!
[218.222.244.37][Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]

1. 2002年06月25日 01時06分10秒  投稿:あきら 
初めまして!あきらです。
最近、清涼院流水さんの「ジョーカー」「コズミック」「カーニバル・イブ」をやっと読みました。
ものすく面白かったです。漫画版「エキストラ・ジョーカー」も最高でした。これから「カーニバル」を読もうと思っています。
タイトルを見れば分かるかもしれませんが、私は森博嗣さんの大ファンです。最高です!
なかでも、「詩的私的ジャック」が大好きなんです。
最近になってようやく「朽ちる散る落ちる」を読みました。
読んでいない方は是非読んで見てください!
[218.47.113.91][Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]

以下はありません。

   131〜139件(保存数139件) 

[NAGAYA v3.13/N90201]