病院紹介 緑ゆたかな赤城山のふもとで“自分として生きる”力を支援します

病院長あいさつ

 2017年4月1日より赤城病院理事長・院長に就任致しました関口秀文です。
医師として沖縄中部徳洲会病院にて救急総合診療を学んだ後、大阪のさわ病院にて
精神医療を学んで現在に至ります。
 精神医療は時代と共に大きな変化を遂げ発展してきましたが、現代のストレス社会に
直面し心の病気で苦しみ、生活に不便を感じている患者様は数多くいらっしゃいます。
そして高齢化社会に伴い『心の病気』に『体の病気』を併発している方も増えており、
総合的な医療が必要とされてきています。今後は群馬県を中心に精神医療と身体医療の
架け橋となれるような病院となり、患者様・ご家族様のお力になれたら幸いです。
 私の原点は救急医療にあります。また、病(体)と気(心)を切り離すことはできません
専門的な医療を結び付け、救急医療にも対応しながら、病気だけでなく病人を診ていく
医療が必要だと考えます。
 医療とは、困っている人がいれば手を差し伸べる。そして、差し出された手を握り、
寄り添って歩いていくのが医療の理想の姿だと思います。患者様・ご家族様にとって、
赤城病院にきて新たな希望の一歩が始まったと思える、そんな医療を提供していける
病院を目指していきます。
2017年4月1日
医療法人高柳会 赤城病院
院長    関口 秀文



専門医・資格

  • 精神科専門医・指導医
  • 精神保健指定医
  • 救急科専門医
  • 総合内科専門医
  • プライマリケア認定医・指導医
  • 老年精神医学会専門医・指導医

理念

Vision

赤城病院は~
  1. 治療だけではなく、病気による“貧”を無くす病院である
  2. 「病(体)と気(心)」どちらもみていく病院である
  3. 精神医療の普及と発展に貢献する病院である
  4. 時代に応じた医療を提供し、地域に必要とされ続ける病院である
  5. 困難なことや新たなことに挑戦し続ける病院である

行動指針

私たちは~
  1. 地域医療を重視し、迅速に救いの手を差し伸べる
  2. 常に革新的なサービスを提供できるように心がける
  3. 精神医療、身体医療ともに高いレベルを保ち、成長していく
  4. 職員は平等であり、共通の夢と理念を持つもので組織を作る
  5. 安定した経営を維持して、病院発展に貢献する
  6. 医療のみではなく、人材育成、臨床研究、文化交流にも積極的に取り組む
  7. すべての患者さんに平等な医療を提供する
  8. 医療におけるイノベーション&リノベーションを実践していく

病院憲章

  1. 私たちのやる事の中心には患者さんがいることを忘れないこと
  2. どのような症状でも、それはその“ひと”のせいではなく、“病”のためだと思うこと
  3. 苦しんでいるのは本人だけではなく、その家族も苦しんでいることを忘れないこと
  4. 目の前の“ひと”は病人である前に、その“ひと”には誇りある素晴らしい人生があることを忘れないこと
  5. 今日の驚きは、明日の日常であり、日々に流されないこと
  6. 小さなことにこそ、気を配れる目線をもつこと
  7. 愚痴を言うより、どう変えるかという未来を語ること
  8. やりがいは自分で見つけていくこと

患者さんの権利

  • 患者さんは、平等かつ安全で良質な医療を公平に受ける権利があります。
  • 患者さんは、ご自身の病気や治療方針について、理解しやすい言葉や方法で納得できるまで十分な説明と情報を受ける権利があります。
  • 医師から提示された治療方針については、患者さんご自身で選択し、決定することが出来ます。
  • 患者さんのプライバシーは、常に保護・尊重され、配慮を求める権利があります。
  • 患者さんまたは、ご家族は当院での診断・治療方法に関してセカンドオピニオン(他の医師の診断)を受ける権利があります。
  • 患者さんは、診療録の開示を求め自己の健康状態について十分な情報を得る権利があります。
  • 患者さん及びご家族の方は、病院内での安全な環境を提供される権利があります。
  • 患者さんが未成年者、あるいは法的無能力者である場合は、法定代理人(法律上の権限を有する代理人)に権利があります。
  • 意識のない患者さん、あるいは自己の意思を表現できない患者さんのインフォームドコンセントは、法定代理人に求めます。法定代理人不在時にて、医療処置が緊急に必要になった場合は、医療処置を拒否する意思を明確にしていない限り、患者さんの承諾があったものとみなし、救命に努めます。
  • 患者さんは、人道的な末期医療(ターミナルケア)を受ける権利、及びできる限り尊厳と安定を保ちつつ死を迎える為にあらゆる可能な支援を受ける権利があります。
  • 患者さんは、精神的および倫理的慰安(自分で選んだ宗教の聖職者の支援を含む)を受ける権利を有し、また拒絶する権利があります。
  • 患者さんは、痛みを緩和する要求をする権利があります。
  • 患者さんは、自己の病気に対する医療情報サービスに関する選択が行え、ライフスタイルや疾患の予防・早期発見の情報を得て保健教育を受ける権利を有します。
  • 患者さんは、患者さんが理解できるコミュニケーションを取る権利があります。病院は、必要に応じ無償で外国語通訳を提供致します。

患者さんの義務

  • 正確な情報提供を行う義務
  • 患者さんは、主訴、現病歴、既往歴、入院歴、手術歴、内服状況、疼痛、アレルギー及び他の健康問題について正確な情報を医療者に伝える義務があります。
  • 治療に関わる指示を遵守する義務
  • 効果的な治療にする為、医療者からの説明に基づいて同意された治療計画等を遵守していただく義務があります。
  • 他の患者さんへ配慮する義務
  • 他の患者さんのプライバシーや個人情報及び権利を尊重する義務があります。また、他の患者さんに迷惑を掛けない為に当院で定められたルール等を守る義務があります。
  • 迷惑行為を行わない義務
  • 他の患者さんや見舞客及び職員等に対して嫌がらせ、暴言、セクハラ等の反社会的行為などを行った場合、法的措置等を取らせて頂く場合があります。
  • 医療費の支払い義務
  • 当院で受けた医療に基づき請求された医療費について、当日または、指定する期日までに支払う義務があります。

施設基準等

  • 精神病棟入院基本料15対1
  • 看護配置加算
  • 看護補助加算(3)
  • 精神療養病棟入院料
  • 精神科急性期治療病棟入院料1
  • 精神科身体合併症管理加算
  • 精神科救急搬送患者地域連携受入加算
  • 医療保護入院等診療料
  • 精神科デイ・ケア「小規模なもの」
  • 精神科ショート・ケア「小規模なもの」
  • 精神科作業療法
  • 後発医薬品使用体制加算1
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 認知療法・認知行動療法1
  • 救急医療管理加算
  • 精神科応急入院施設管理加算
  • 重度アルコール依存症入院医療管理加算
  • 精神科退院時共同指導料
  • 胃瘻造設術
  • 胃瘻造設時嚥下機能評価加算
  • 入院時食事療養Ⅰ

承認施設

  • 救急告示病院
  • 日本精神神経学会精神科専門医研修施設
  • 日本老年精神医学会認定施設
  • クロザリル患者モニタリングサービス(CPMS)登録医療機関
  • 精神科作業療法施設
  • 精神科デイ・ケア施設4単位
  • 精神科ショートケア施設

介護保険法

  • 老人保健施設ビハーラ寿苑
  • 通所リハビリテーションビハーラ寿苑
  • ビハーラ寿苑居宅介護支援センター

障害者総合支援法

  • グループホーム赤城の里

地域精神保健活動

  • 前橋市医師会夜間急病診療所当番医
  • 前橋市医師会立前橋准看護学校 非常勤講師
  • 前橋市医師会生活保護関係委託医
  • 群馬医療福祉大学社会福祉学部社会福祉学科福祉心理コース実習病院
  • 群馬医療福祉大学リハビリテーション学部作業療法専攻実習病院
  • 高崎健康福祉大学健康福祉学部社会福祉学科実習病院
  • 高崎健康福祉大学保健医療学部看護学科実習病院
  • 桐生大学看護学科実習病院

主なスタッフ

理事長・院長 関口 秀文
院長補佐 原  秀之
副院長 中島 政美
看護部長 鈴木 教夫
薬局長 高橋 綾子
事務長 鷲山 一麿

在籍職員について




医師 日本精神神経学会専門医・指導医
日本老年精神医学会専門医・指導医
認知症診療医
精神保健指定医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医
日本内科学会認定医・専門医
日本救急医学会専門医
CPAP療法士養成講座受講
DPAT先遣隊登録医師
DPAT事務局ファシリテータ
群馬DPAT登録医師
生物テロ・バイオ災害対策責任者 1級
ECT講習会受講
摂食嚥下機能評価実習研修受講
アルコール依存症臨床医等研修受講
睡眠医療技術講座(終夜PSG検査)受講
『子どものための心理的応急処置』ファシリテータ認定
認知行動療法研修会受講
多数傷病者への対応標準化トレーニングコース(MCLS)受講
発達障害者地域生活・就労支援者研修会受講
群馬県患者の意向を尊重した意思決定のための研修会受講
日本うつ病リワーク協会医療従事者向け研修会講師
看護師 精神科認定看護師
CPAP療法士養成講座受講
消化器内視鏡看護セミナー受講
DPAT先遣隊登録看護師
群馬DPAT登録看護師
アルコール依存症臨床医等研修受講
発達障害者地域生活・就労支援者研修会受講
『子どものための心理的応急処置』ファシリテータ認定
群馬県患者の意向を尊重した意思決定のための研修会受講
令和元年度自殺危機初期介入スキル研修会受講
日本精神神経学会・第4回反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)講習会受講
群馬県かかりつけ医等発達障害対応力向上研修受講
看護補助者 群馬県看護協会「看護補助者研修」→赤十字ベーシックライフサポーター認定者4名
精神保健福祉士 メンタルヘルス運動指導士認定講習会受講
アルコール依存症臨床医等研修受講
発達障害者地域生活・就労支援者研修会受講
群馬県患者の意向を尊重した意思決定のための研修会受講
日本うつ病リワーク協会医療従事者向け研修会受講
DPAT先遣隊登録業務調整員
群馬DPAT登録業務調整員
作業療法士 アルコール依存症臨床医等研修受講
DPAT先遣隊登録業務調整員
群馬DPAT登録業務調整員
臨床検査技師 臨床脳波マスターコース研修会受講
頸動脈エコーセミナー受講
腎・泌尿器&婦人科領域の超音波検査研修会受講
事務・他 DPAT先遣隊登録業務調整員
群馬DPAT登録業務調整員
災害医療救護通信エキスパート上級研修受講
日本うつ病リワーク協会施設認定説明会受講

沿革

S34.5.7 赤城病院開院(木造平屋建)
内科・精神科標榜
24床
S36.12.30 増床 60床
S37.12.20 2病棟竣工(木造平屋建) 82床
S38.9.10 医療法人高柳会設立認可
診療科目「精神科」標榜
80床
S40.3.1 3病棟竣工(木造平屋建) 124床
S42.6.28 5病棟竣工(木造平屋建) 181床
S53.11.20 開放病棟改築(鉄骨造2階建)1.2病棟 210床
S55.3.29 閉鎖病棟改築(鉄骨造2階建)3.5病棟 238床
H7.7.7 老人保健施設開設により減床(10床) 228床
H13.8.16 赤城病院診療科目「精神科・心療内科」標榜
H15.9.12 作業療法棟・デイケア棟竣工(鉄骨造2階建)
H16.2.1 5病棟を精神療養棟Ⅰに変更
(精神病棟・療養病棟)
228床
H18.10.1 障害者自立支援法適用
共同生活援助グループホーム赤城の里開設 10名(木造2階建)
H29.4 関口秀文 理事長・院長 就任
睡眠外来開始(PSG検査、MSLT検査)

H29.5 mECT(修正型電気けいれん療法)開始
H30.1.1 内視鏡室開設
H30.5.28 DPAT先遣隊として群馬県より任命を受ける
H31.3.6 アルコール依存症治療プログラム開始
R1.6.4 群馬県救急告示医療機関として認定を受ける
R1.9.13 CPMS登録医療機関に認定
R1.10 精神科ドクターカー導入
R2.5.1 急性期病棟開設
これに伴い3病棟を62床から60床に減床、
1病棟を56床から58床に増床
228床

地図

病院紹介

  • 病院紹介
  • 採用情報
  • よくある質問
  • 学術・メディア等掲載情報

関連施設

  • グループホーム赤城の里

    入居者同士が話し合い協力して生活しています。看護師などがサポート。

    グループホーム赤城の里
     
  • ビハーラ寿苑居宅介護支援センター

    介護相談、ケアプラン作成を承ります。住み慣れた場所での生活を支援します。

    ビハーラ寿苑居宅介護支援センター
     
  • 老人保健施設ビハーラ寿苑

    中長期の入所、短期入所、通所リハビリにより、在宅生活を支援します。

    老人保健施設ビハーラ寿苑
     

病院案内

外来のご案内

地図

交通アクセス

赤城病院

  • 診療科目 精神科・心療内科・内科
  • 所在地 群馬県前橋市江木町1072
  • Tel. 027-269-5111